【起承転結etc.7つ】シュールな四コマ漫画の作り方書き方・コツ【シンプルよんこま】

起承転結


イカ1
イカ2
イカ3
イカ4

ネタもオチも強い時に有効。
王道パターンだが、作成が最も難しい。
欧米では「シンデレラ曲線」と呼ばれる。
映画やドラマはほとんどこのスタイルである。

ホップステップジャンプ⇒落とし穴

1・2コマ目はセット。
原則、同じ場面で構成する。
人間は同じ音を2回続けて聞くと、
次の音が気になるようになる。
2コマ目はホップ・ステップ・ジャンプの
ステップなので弱くていい。
というか、弱いほうがいい。

3コマ目がポイント。
内容を反転させたり、
場面を変える。
ここで強いインパクトが欲しい。

3コマ目で変化をつけたら、
4コマ目でオトす。

①「起」 話題を提起する。
②「承」 例を挙げる。インパクトを弱く。
③「転」 場面を変える。インパクトを強く。
④「結」 まとめる。

起承承承

「例」を連続させる場合は、
「一貫性」が重要。
1コマ目をトピックスに使った以上、
一貫性を持たせつつ、
加速させなければ意味がない。

①トピックス
②例
③例を連続させ、加速させる。
④オトす例。

承承承承

違って見える0

違って見える1

違って見える2

違って見える3

違って見える4

面白い例を見つけたときに有効。
ネタさえ見つかれば、
作成は最も容易である。

①例
②例
③例
④面白い例

起承承・転結

電車0

電車1

電車2

電車3

電車4

ネタは強いが、オチが弱いときに有効。
「結」は漫才でいうツッコミの形になる。
ちなみに漫才は
ほとんどこのスタイルである。

作成は容易だが、面白みに欠ける。
オレはこの安易な手法を
連発したくないので、
良いネタをボツにしたくないときだけ使う。

①トピックス
②例
③例
④反転+オチ

起承起結

犬と猫0

犬と猫1

犬と猫2

犬と猫3

犬と猫4

男と女など相反するペアに有効。
詩の技法でいう「対句」「反復」である。

2つを比べる。
①例1
②通常
③例2
④意外

3コマ目サイレント

byoubu1

byoubu2

byoubu3

byoubu4

強力なオチがあるときに有効。
3コマ目はオチのためだけに
タイミングを取る。
そして、
4コマ目で強烈にオトす。

個人的には、
もっとも得意な構成である。

①トピックス
②加速
③沈黙
④オチ

サイレント

名刺1

名刺2

名刺3

名刺4

外国人にも通用するネタでないと使えない。
オチをつけるというよりは
余韻を残すような4コマ目が望ましい。

個人的には、
もっとも作成が難しいと感じる。



コメント

error:Content is protected !!