出すの忘れてた

buhi1

buhi2

buhi3

buhi4

野球はカネがかかる

毎月の部費は、
弱いチームなら1万くらい。
強いチームなら3万くらい。
強豪校で寮に入れば毎月10万円くらいかかる。

ユニフォームやバット・グローブ代など、
個人のモノは別途必要である。
帽子とかシャツとかストッキングとか
メインでない道具だけでも10万はする。

総額で年間20~30万くらいはかかる。

内訳

保護者会費や後援会費との名目で、
部費以外にもカネは集められる。
強豪校は専用バスが必要。
ボールなどの消耗品、審判への謝礼、
球場利用料などもかかるためだ。

来るもの拒まず

野球は補欠、2軍や3軍が
とても多い競技である。
部費や雑用係がたくさん必要なので、
基本的には誰でもウエルカムである。

レギュラー争いに勝たなければ養分だ。
2軍や3軍でも部費は同じである。
彼らはレギュラーの養分として
部費や雑用、応援で貢献することになる。

甲子園出場

晴れ舞台に汚れたユニフォームと
いうワケにはいかない。
スタンドで応援しているベンチ外部員だって
新品のユニフォームを着る。

どのチームも用具一式を新調する。
全員分で何百万もかかる。

また、
ベンチ外部員の宿泊費や応援団費用で
1試合に1000万以上かかる。
強豪校はもっとカネをかける。
3試合も戦えば総額で1億を超える。

レギュラーでなければ意味なし

補欠、2軍や3軍……
1年はずっと球拾いに用具運び。
それ以降も朝から晩まで部活部活部活。
練習試合の消化試合でお情けの代打。
それだけで引退する生徒がほとんど。

でも高額な部費はとられ、
親は送り迎えや雑用の嵐。

レギュラーでなければ
カネの無駄、時間の無駄、青春の無駄である。

辞めるのも選択の一つ

補欠以下はさっさと辞めてバイトして
彼女でもつくったほうがよっぽどいい青春だ。
もしくは、
受験勉強に集中していい大学に入ろう。

たしかに白球を追いかけるのはいい青春だ。
レギュラーで活躍すれば
ブサメンでも女にもモテる。
一生の思い出となるだろう。
たとえその後Fラン大をでて
パッしない20代でも悔いはない。
しかし、
補欠にその恩恵は一切ない。
大学ランクを落としてまでやる価値はない。

一番避けたいのは、
ずっと補欠なのに部活ばかりで勉強せず、
Fラン大→ブラック企業のコースだ。
それでは青春時代も20代も犠牲となる。

それなら受験勉強で青春を犠牲にして
20代を謳歌した方がよっぽどいい。

20代前半まで

たとえ遊びでもスポーツを
純粋に楽しめるのは20代前半まで。
大人になると怪我させたらマズイだの
人集めだの、人付き合いが煩わしくなる。

迷惑な草野球

20人は集まらないと試合ができない。
人が集まらないから声をかけられる。
断ってもしつこい。
仕方なく付き合ってやることもあった。

終わった後の飲み会では、
 野球大好き君「ドコ高校のダレダレが……」
野球なんかどうでもいい人間にとっては
苦痛でしかない。

ちょうど子供が小さい頃である。
せっかくの休日に子供と過ごす時間を
草野球ごときで犠牲にしたくない。

強豪校は卒業後も負担は続く

勝ち進めば勝ち進むほど、
ОBから寄付金を募るからだ。

 ダンナ「よっしゃー!!!!」
 奥さん(早く負けてー ><)

error: Content is protected !!