シナジン効果

なぜ外国人バイトが急増したのか?

中国人は中間層が多い。
一人っ子なので両親に工面してもらう。
ベトナム人などのアジア系は、
借金をして日本に来る。

日本語が話せないうちは工場、
話せるようになると
コンビニや外食チェーンなどの
接客業に勤める。

隠れ移民

外国人労働者は急増している。
2000年には35万人だったのが
この20年間で3倍の100万人になった。

難民申請なら何度でもできる。
彼らは申請をし続けて半永久的に
日本に定住するつもりだ。

90年代

南米系の労働者が飛躍的に増加。

しかし、
住む地域が限られている上に、
自動車産業の工場に従事し
日常レベルではほとんど
目にしなかった。

彼らが集団で済むエリアは
明らかに治安が悪化した。

夜中までドンチャン騒ぐ。
ゴミの分別がわからなくて
海岸にオムツなどを捨てまくる。
帰国寸前にレイプしてヤリ逃げなどの
被害が多発した。

2000年代

中国人が急増する。

一人っ子政策によって生まれた
1980年代生まれの若者が
中国内で職にあぶれ出す。

また留学先に置いても、
漢字圏で治安の良い日本は人気だ。
日本の海外留学生の
半数が中国人である。

それに中国人ブローカーが
目をつけて日本に送り出した。
爆買いならぬ、
爆留学に爆就職である。

コンビニ

コンビニは覚えることが多く、
時給が低いので日本人は働きたがらない。
面接に来る日本人の質も低下している。
特に深夜には働きたがらない。

彼らがいなければ、
オーナーが24時間営業ならぬ、
24時間労働をしなくてはならない。

外国人バイトは安くてクビにしやすいので
コンビニがこぞって中国人を使いだした。
もはや20%が外国人バイトである。

ほとんどが留学ビザや就学ビザで働く。
資格外活動許可をとれば、
労働することができる。

ただし、
中国人はアタリハズレが大きい。

2010年代

日本の不景気に加え、
中国の好景気もあり中国人が減少。
かわりに、
ベトナム人が急増しはじめる。

昼は日本語学校、
その後深夜まで食品などの工場で働く。
工場なら日本語がわからなくても
問題はないからだ。

日本語学校の留学生では
2年しか日本にいられないが、
専門学校・大学・大学院に
進学することで延長が可能だ。

留学生には週28時間までの
アルバイトが認められる。
実際は週28時間までの制限など、
ほとんど機能していない。

ベトナムに帰れない

彼らの平均月収は数万円である。
日本に来たら月収数十万円と騙される。

ブローカーへの手数料、
各種書類の偽造などの
渡航費用に150万円かかる。

家や土地を担保にして借金し、
日本へやってくる。

ところが、
深夜までバイトしたところで
生活費その他を除けば、
月に数万円しか残らない。

いつまでたっても借金が減らないので、
いつまでたっても帰れない。

日本人はこういった
偽装留学生問題には無関心だ。

しかし、
犯罪に走る者もいる。
無関係ではいられない

急増する日本語学校

ここ5年間で200校も開校している。
介護や人材派遣業者など、
労働力がほしい会社が開校。

日本語学校を使って
労働力を集めるシステムだ。

ローソンはベトナムに
研修施設をつくって、
留学生を青田買いまでしている。

日本の監査機関は?

天下り団体なので、
まともに仕事をする気がない。

またバイトを雇いたい団体から
賛助金までもらっているので、
そもそも是正する気もない。

日本人ワープアが急増

アジア系外国人のバイト
時給500円などで働くおかげで、
ただでさえ安いサービス業の賃金が、
さらに下がっている。

安い時給で働く彼らが、
日本人の職をますます奪っていく。

日本の若者がますます
ワーキングプアとなっている。

世界編
管理人をフォローする
シンプルよんこま


コメント

error:Content is protected !!