日本ではなぜGoogleやAmazonが産まれないのか?

googleamazon1

googleamazon2

googleamazon3

googleamazon4

日本の世界的企業たち

出る杭を打つ日本。
出る杭を伸ばすアメリカ。

日本には世界的な企業がたくさんある。
トヨタにソニー、ホンダにパナソニック。
製造業ばかりだ。
アメリカの製造を改良したものばかり。

日本独自の革新的な業種ではない。

新卒至上主義

扱いやすく何色にも染めやすい新卒を
会社人間にするのが第一。
会社人間を会社の犬に躾けていく。

評価は、会社のルールを
守っているかどうかがすべて。
内部統制は手段ではない。
目的である。

優秀な中途採用者を入れて
自分の居場所がなくなることを嫌う。

年功序列

本社にたくさんいる、
ワケのわからない課長や部長。
社内だけの事務処理のために
座ってるだけ。

無能高給社員が会社に寄生して
人件費を蝕む。

前例重視!

革新的なアイデアを出せば
和を乱す者とされる。

老害に気に入られるかどうかが
出世のすべて。
仕事の実力とまったく関係ない。

内部統制(笑)

現場を知らない本社の役職が
自分の責任逃れのために
無駄な細かいルールを増やしていく。

現場はどんどん息苦しくなっていく。

大学がゴミ

暗記力だけでランクが決まる。
日本トップの東京大学もアメリカでは
「暗記だけの大学」と言われている。
他の大卒も暗記モンキーばかり。

猫も杓子も大学、大学。
ワケのわからないバカ大学が多すぎる。
「大卒」という学歴は価値がない。
「新卒」というタイミングだけ価値がある。

error: Content is protected !!