8月14日

盆休み1

盆休み2

盆休み3

盆休み4

打ち上げ花火の仕組み

打ち上げ花火は2種類の火薬でできている。
  星…空中で光る
 割薬…星を勢いよく飛ばす

星と割焼を球状に交互に重ねていく。

金属の炎色反応を利用している。
ストロンチウム…ピンク
バリウム…グリーン
銅…ブルー
ナトリウム…イエロー
アルミニウム…シルバー
チタン合金…ゴールド

日本の花火

庶民の楽しみという伝統がある。
河川敷などの広い場所で行われる。
球状であり、誰がどこから見ても
楽しめる工夫がされている。

複雑な発光を連射で観ることが多い。

欧米の花火

かつては金持ちや貴族が楽しむものであった。
そのため球状でなく一方向に合わせる。

花火はエンターテインメントの一部であり、
単純な発光を音楽や演出と共に観ることが多い。

1発の値段

1万発の花火大会で1億円くらい。

3号玉…5000円(直径60m)
7号玉…30000円(240m)
10号玉(尺玉)…10万円(300m)

花火を上げる

業者に頼めば10万円で20発くらい
上げてくれる。

もっと安く上げるには、
花火大火に数万円寄付すれば
上げてくれる。

error: Content is protected !!