【8月】初の北海道を車中泊で一周⑤(3日目)



オホーツクラインへ

道北は日本最高のドライブコースの1つ。
日本最北端の宗谷岬を経て
オホーツクラインを走る。

オロロンラインとどう違うのか?

宗谷岬(14時:所要時間20分)


ノシャップ岬から車で50分走ると
本土最北端の宗谷岬に着く。
アイヌ語のソヤ(岸)が由来とのこと。

43km北には樺太(サハリン)があり、
天気が良ければ見える。

日本最北端の地の碑には
記念撮影の人がたくさんいる。
テレビで見たことがある人も多いはず。

間宮林蔵


樺太探検や北海道の測量をした人。

アイヌ語を使って原住民と交流しながら
前人未到の地を進んでいった。
極寒の地であるだけでなく、
原住民の中には林蔵を殺そうとする者もいた。

巨大な船に大量の食糧や武器、
人員を積める現代と違い、
小舟でそれを行った当時は
まさに命懸けであっただろう。

道の駅「さるふつ公園」(15時)

日本最北端の村である猿払村にある。
ここでトイレ休憩した。


パトカーの上の赤いヤツってV字型だったんか。
長方形だとばっかり思っていた。
よく考えたら長方形だったら横から見にくい。

オホーツクライン


国道238号線のうち、宗谷岬~網走の320kmの部分。
明るい雰囲気のオロロンラインに比べて
暗い雰囲気がある。


牛だらけの牧場。


どこまでも直線。

付近の主要道路のため、
オロロンラインよりも交通量は多い。
トラックも多いが渋滞の心配はまったくない。
オロロンラインと見劣りしないルートだ。

はまとんべつ温泉「ウイング」17時


宗谷岬から1時間走るとクッチャロ湖に到着。
湖畔に温泉がある。
安いしツルツルスベスベになる。

なんで温泉なのにウイングなのか?
クッチャロ湖はラムサール条約の
指定地であり、300種の鳥が来る。
だからウイング(羽)なのだろう、たぶん。

ちなみに、クッシーで有名?な屈斜路湖とは
まったく別の湖だ。


【クッチャロ湖】
由来はアイヌ語のクットチャ(沼の水が出る口)。
屈斜路湖と同じ語源なので名前もほぼ同じ。

平均水深が1.5mしかない。
満潮時には海水が流れ込むので
魚はあまりいないようだ。

紋別の市街地へ(19時)


クッチャロ湖の温泉から2.5時間走ると紋別に到着。
スーパーで夕食を買う。
ワカメが超オススメ

【紋別市】
人口22000人の小さな街。
アイヌ語のモベッ(静かな川)が語源。
流氷を砕きながら進むガリンコ号が有名。
所要時間1時間で3000円。

車中泊

海辺の公園に広い駐車場があった。
今夜はここに泊まろう。
車の中で夕食を食べる。

シャクシャクシャクシャク……
ワカメが新鮮で旨い!
ポン酢かけて一気食いすると最高。
地元スーパーのワカメとレベルが違う。
オホーツク沿岸のスーパーで買うワカメは
北海道トップクラスの名物だ。
150円くらいで大量に入っている。

北海道ワインのトカップ(白・辛口)も購入。
1本1000円ちょいするが、なんか薄い感じ……
日本のワインってボディが弱い。

次は、サロマ湖でホタテを食ってから網走に向かう。

error: Content is protected !!