銭闘民族「日本人」

ibasho1

ibasho2

ibasho3

ibasho4

家庭に居場所がない

亭主関白で休日も仕事の付き合い、
平日も夜遅くまで飲んでくる。
でも一家の大黒柱であり、
いざというときには頼りがいがある。
奥さんと子供は黙って従う……

昭和のお父さんには威厳があった。
女子供が何を言っても
 「言語道断!」
 「屁理屈を言うな!」
ですべて黙らせた。
そんな姿は過去のモノになりつつある。

現在は給料だけもってくるATMと化し、
トイレが一番落ち着くなんてお父さんもいる。

血のつながり

子育てに積極的な父親ほど
子供を他人と捕えて積極的に関わっている。

あまり子育てしない父親は
血のつながりを過信してしまう。
何もしなくても
自分と子供の関係は大丈夫と考えてしまう。

進路で迷っていたら相談に乗ろう。
大きくなったら○○しよう。
悠長なことを考えているうちに、
「時すでに遅し」となってしまう。

夫の存在感が小さくなっていく

それは些細なことから始まる。

家庭の中心が子供になると
夕食のメニューや外出先などが
夫の志向から離れていく。

最近は進路も子供の考えで決まる。
父親の発言が重要視されなくなってきている。

妻の態度次第

妻が夫のことを尊敬していたり
頼りにしたり、優しくする。

その態度は子供に伝染する。

妻が態度を改善すれば
夫の居場所は劇的に改善される。

error: Content is protected !!