インドで肉といえば「鶏」

indobeef1

indobeef2

indobeef3

indobeef4

インドで肉といえば鶏のこと

ヒンドゥー教徒は牛がダメ。
イスラム教徒は豚がダメ。
さらに、
お互い気を使って
牛も豚も両方避けることが多い。
なのでチキンが主流である。

人口の80%強は牛を食べない。
牛を食べるのは13%程度である。

神聖な生き物

インド人の80%がヒンドゥー教徒である。
牛はシバ神の乗り物なので食べない。

ちなみに、
豚もほとんど食べない。
これは宗教上の理由ではなく
インドの豚が極端に不衛生だからである。

さらに、
ネズミはガネーシャ神の乗り物なので殺さない。
よけいに不衛生である。

インドは食用の牛肉大国

牛肉の輸出第1位は、インドである。
世界で最も牛を食べる国の一つである。
なぜか?

イスラム教徒やキリスト教徒は
合わせて2億人(13%)であり、
普通に牛を食べる。

たしかに11億人は食べない。
しかし2億人は牛を食べる。

2億人とは、ブラジルの人口(世界5位)に
と同じ規模である。

水牛はОK

神聖なのは白い牛だけ。
黒い水牛は悪魔の乗り物であるため、
食べるヒンドゥー教徒もいる。

牛は「ビーフ」で、
水牛は「バフ」と呼ばれる。

インド西部には、
「水牛以外の牛を殺すと終身刑」という法律がある。
イスラム教徒が肉を食べたくて牛を密殺するのを
防止するためらしい。

マクド

インドではマクドも鶏肉である。
日本ではビーフ100%をウリにしているが、
インドではビーフ0%がウリである。

error: Content is protected !!