ペットは飼い主に似る

kainusi1

kainusi2

kainusi3

kainusi4

ペットは飼い主に似る

そもそも選ぶ段階で
「似た者同士」なのだから当然だ。

また無意識のうちに
環境や性格でお互いに合わせていく。

もともとアカの他人である熟年夫婦が
よく似ていると感じるのと同じ理屈である。

性格

犬は外交的で、猫は内向的である。

実際に、
犬好きには外交的な人が多く、
猫好きには内向的な人が多い。

環境

ペットは飼い主に合わせなければならない。

飼い主が運動好きなら、
ペットの体つきも変わる。

飼い主が明るく接すれば、
ペットも明るくふるまう。

逆もまた然り。

品種

似たような性格の品種を選ぶ傾向にある。
 ・牧羊犬のコリーは明るい性格
 ・猟犬のビーグルは粘り強い性格
など。

飼い主がペットに似る

ペットショップで選ぶ場合は
似た者同士になる場合が多い。

しかし、
もらった場合はそうとは限らない。

もの静かな飼い主が
犬を飼ってよく笑うようになったり、
活発な飼い主が
猫を飼って気分が落ち着くということもある。

生活編
管理人をフォローする
シンプルよんこま


コメント

error:Content is protected !!