関西の夫婦

kansaifuufu1

kansaifuufu2

kansaifuufu3

kansaifuufu4

配偶者の呼び方

目上の相手や公な場では、
[妻・夫]が無難である。

他人の夫や妻のことは
[奥さん・旦那さん]、
家族や親戚などの身内には、
[○○さん]がベスト。

[夫]の対義語であり、
正しい呼び方である。

息子の妻の呼び方。
自分の妻に使うのは誤り。

ただし、
関西では[嫁はん]が一般的であり、
フレンドリーな印象がある。

パートナー

平等な関係を強調したいようだが
欧米かぶれ?という感じもする。

相方

関西で多い呼び方。
夫婦というより友達っぽい印象。

家内

専業主婦っぽい呼び方。

本来は自分の妻を
謙遜した言い方である。

女房

身の回りの世話をする人の意。
少々格下げ感があり、
若い女性には好まれない。

カミさん

商人や職人の妻の呼び方。

奥さん・奥様

身内に[さん]付けはヘン。
[旦那]の対義語。

本来は他人の妻を呼ぶ言い方。

ママ

若い夫婦に多いが、
甘えてる感じもする。

愚妻

これは不評。
さすがにちょっと時代遅れか。

おい

妻がオバさんになってくると
増えてくる。
これも不評。

つぎは男性の呼び方。

これが正式な表現とのこと。

主人

召使い感があり、不評な呼び方。
共働きではおかしいとの意見も。

ただし、
本来は自分を謙遜した丁寧語である。
公の場で使っても問題ない。

パパ

夫というより愛人みたい。

旦那

粋な感じはするが、
品がないという意見も。

亭主

親しい間柄の場合は
使ってよい呼び方。

ニックネーム

公の場でなければ
親しみがあってよい。

男女編
管理人をフォローする
シンプルよんこま


コメント

error:Content is protected !!