営業は、断われてからがスタートだ!

kehaegusuri1

kehaegusuri2

kehaegusuri3

kehaegusuri4

育毛剤の内服は本当に効く。

飲む毛生え薬。
効く人は男性ホルモンが出すぎの人に限られる。
男性ホルモンを抑える薬だから女性の薄毛にはNG。
ただ効く人には、本当に効く。
費用も月一万円弱と、ヅラよりはかなり安い。

ハゲの多くは正確に言うと、毛がないのではない

生えてから抜けるまでのサイクルが短いのだ。

そのサイクルは過剰な男性ホルモンにより爆速になる。
生えはじめたらすぐに抜けてしまう。
このクスリはそのサイクルをかなり遅くする。
抜けるまでの期間を長くして毛をキープする。

ウブ毛でもいい

毛根さえ生きていればかなりの確率で希望が持てる。
簡単に言うと、
バーコードなら希望が持てる。
ツルピカだと厳しい。

 「最近飲み始めた」
堂々と公言している人も多い。
飲んでいること自体が非常にバレにくいし、
バレたところであまり恥ずかしくない。
言うまでもなく、カツラはバレると地獄である。

飲む毛生え薬のコスト

もとは一社独占のプロペシアだった。
そのため値段が高かった。
一ヶ月10000円くらいかかった。
いまはフィナステリドというジェネリック医薬品がある。
そちらなら効果は同じで費用は6000円くらいで済む。

当然フサフサになっても飲み続けないと
そのサイクルはもとのスピードに戻ってしまう。
つまり、ハゲに戻る。
ずっと飲み続けなければならない。

一般的な医院だと扱っているところとないところがある。
美容整形なら取り扱っていることが多い。
都会人なら男性専門クリニックがオススメ。

安く上げるためにどうすればいいか?

このクスリは自由診療だ。
保険適応じゃない。
価格はそこの医者がフィーリングで決めている。
しかもかなりテキトーに決めている。

まず院外処方の医院はダメ。
調剤薬局だと高くつくからだ。
そこで院内処方の医院に電話する。

 「フィナステリドは一ヶ月いくらですか?」
この言葉が受付に通じなければ取り扱いはない。
何ヶ所も電話して、一番安い医院を探すこと。

毛はないがカネはある漢なら

ドラッグストアで売っているリアップを併用するとさらに効果的だ。
1%のもあるけど、可能なら5%でいったほうがいい。
リアップX5で一ヶ月7000円くらい。

error: Content is protected !!