気楽でいい



結婚しない?できない?

結婚すると時間もカネも自由ではなくなる。
ライフスタイルが多様化しすぎて
条件にウルサくなり、
独身のままの人間が増えた。

生涯未婚率がいまのペースで推移すると、
男性は3人に1人が、
女性は4人に1人が
生涯を独身で過ごすことになりそうだ。

結論

独身でいることの
最大のメリットは「自由」。
最大のデメリットは「孤独」である。

また、
億万長者や芸能人でなければ
変人や負け犬と思われる。

それが事実であるかどうかは、
別として。

メリット11

・お金が自由
・時間が自由
・恋愛が自由
・転職がしやすい
・挑戦や冒険がしやすい
・夫婦喧嘩がない
・離婚がない
・親戚付き合いがない
・趣味に没頭できる
・責任が軽い
・ATMにならなくて済む

デメリット11

・自分の子孫を残せない
・子育てを経験できない
・家族の団らんがない
・病気したときにも一人
・結婚しないの?がウザい
・肩身が狭い
・何のために働いているのか
・考え方が偏り幼いまま
・退屈
・老後は特に孤独
・孤独死で腐乱死体に

年代で変わる

20代は独身の方がメリットが大きい。
しかし、
歳をとればとるほどデメリットの
1つ1つが強くなってくる。

独身者とバツイチ

中年で独身だと絶対何かある
と思われている。

また、成功者でなければ
既婚者からは格下に見られている。
若者からは結婚できなかった負け犬と見られる。

芸能人でもなければ、
結婚「しなかった」ではなく
「できなかった」。としか思われない。

自由だとか趣味がどうのこうのとか、
理屈を言えば言うほど
負け惜しみとしか思われない。

また、
離婚=人生を失敗した、
と思われている。

実際は離婚してよかったとしても
回りからは確実にそう思われている。
他人にとっては個々の事情や背景など、
どうでもいいからだ。

実際そうであるかどうかは別として、
確実に全員がそう思われている。
みんな口には出さないし、
表にも出さないが。

ただし、
思われるだけなので
害があるわけではない。
気にしなければよい。

事実婚は?

欧米ではパートナーといって、
結婚せずに同棲するスタイルが広まっている。
この方式であると、
最大のデメリットである「孤独」から
開放される。

欧米人らしい、実に合理的なスタイルである。
自分が可愛い、自分大好き!な人間には
アリかもしれない。

独身か?結婚か?

全員が結婚などする必要はない。
不幸な人間が増えるだけだ。

自分の欲望だけを考えたら
どう考えても独身の方がメリットは大きい。
繰り返すが、
自分大好き!な人間は
独身のままの方が良い。

誰かに与えることで
自分も幸せを感じるというタイプの人間だけ
結婚すればよい。

どうすべきか?

人生としては、
①既婚(家庭○)
②独身(高収入)
③既婚(家庭×)
④独身(低収入) の順である。

25歳くらいまで独身のメリットを謳歌し、
30歳くらいまでに結婚というのが王道である。
特に才能に恵まれない凡人は、
王道を外れない方が良い。

特別な才能があれば
この限りではない。

独身の偉人たち

ニュートン、ダ・ヴィンチ、
ベートーベン、ガウディ、吉田松陰、
マザーテレサ、ナイチンゲールのように
生涯独身で立派な人はいる。

凡人と偉人とでは、
並べる対象にならないが。

では結婚すればいいのか?

結婚は人生の墓場になるケースもある。
主婦ニートから小遣いを渡され、
満員電車で通勤し、ワンコインランチ
不幸なサラリーマンも多い。

新婚のうちだけならいいが、
何十年もそれをやるのは最悪だ。
それなら独身の方がマシ。

相手に与える……といっても
限度があるのだ。
結婚のメリットとデメリットまとめ

error: Content is protected !!