【空気商法】30g減った「ポテトチップス」中身の量少ない……

エアリズム

poteti1

poteti2

poteti3

poteti4

もはや空気袋。

袋はパンパン、中身はスカスカ……
どうしてこうなった?

オレが子供の頃には100円も出せば
溢れんばかりに入っていた「定番のお菓子」だった。
しかし、
いまは子供が小遣いで買えない「高値の花」に
なってしまった。

20年で、30%も減った。

1g=1円が「安さ」の目安


1975年 内容量90g 定価100円
2007年 85gに減量(参考価格145円)
2011年 大震災の影響(?)で85gから70gに減量
2018年 60gに減量

1g1円を下回れば「安い」と判断できる。
オレが子供の頃はそのくらいの価格だったのに、
いつの間にか1g2円近くなっている……

空気商法

「さらに美味しくなりましたw」
「装い新たに新登場w」
「食べきりサイズw」


(https://pds.exblog.jp/pds/1/200906/29/98/c0145198_15583137.jpgより引用)
95g⇒90g⇒85g⇒65g……

ちょっとオチャメが過ぎないだろうか?
どんどん中身がスカスカになっている。
「食べきりサイズ」なんて、
開き直ってる以外の何物でもない。

空気袋化した理由

光・酸素・湿気で風味を落とさないように
アルミ袋で窒素を充填させる……
中身が割れないように袋をパンパンに
しているとのこと。

たしかに、そのような効果はあるだろう。
しかし、あまりにも量が減り過ぎている。


買ったばかりのポテチを開ければ、
あるか底の方にちょこっと入っているだけで、
折り曲げると半分の大きさになってしまう。

ここまで空気を入れる必要があるのか?
以前とウリ2つのパッケージなのを見れば、
騙す気マンマンと感じる。

割れないため?

輸送や販売の過程で割れないために、
中身1/3、空気2/3くらいの比になっているらしい。
空気を充満させないと、
中身が粉々になるとのこと。

……が、本当か?
オレが子供の頃でも大して割れていなかったし、
割れててもいいから量が多い方がいい。


(http://nobuirn68.txt-nifty.com/0010/2010/11/post-06a6.htmlより引用)
飛行機に乗せれば、
空気袋が膨張して爆発しそうになる。
子供は喜ぶけど……

2104年問題


45年間で90g⇒60gとなり、
30g減少した。

ということは、90年後には0g(空気袋)……

実質値上げ

中身が減った理由は、
値上げすると子供が買えなくなるかららしい。
原材料費高騰でも価格を据え置く企業努力らしい。

実際は、
インフレの便乗値上げである。
内容量を「コッソリ」減らした方が
値上げよりも客離れしにくいからだ。

開けてガッカリ


blog-imgs-37-origin.fc2.comより引用)
大きな袋を開けると、
底の方に申し訳なさそうにちょこっとだけある。
見ているこっちまで情けなくなってくる。

通常サイズでは物足りないので、
Bigサイズばかり買わされる。

そのBigサイズも約200円で170gしか入ってない……
これでは名前が「大」でも実質「中」サイズだ。

クリスプまで!


(pic.twitter.com/DcZ8oGzOGxより引用)

「クリスプ、お前もか!」

ポテトチップスクリスプも、
開けてビックリ……
半分以上、空洞である。
もはや空気box。

25%増量!


(カルビー公式サイトより引用)
60g⇒75gに増量(期間限定)キャンペーンで
テコ入れしたが……
2007年の標準サイズである85gにすら
まったく届いていない。

プレミアム路線は失敗

内容減らしで実質値上げ。
ネット情報で消費者がそれに感づいたので、
プレミアム路線に方向転換。
少量を150円くらいでパケ買いさせる作戦だ。

「〇〇味」など珍しい味を連発しだした。
販売価格を吊り上げて定番商品値上げの抵抗を減らす。

ところが、
消費者には付加価値と認められず、
ネタや物珍しさで1回買ったら終わり。
続々と売れ残って
半値で叩き売りされるようになった。

使われるイモの量


ジャガイモは中サイズで1個100gくらいである。

60gポテトチップス1袋にはジャガイモが2~3個、
85gには、3~4個使われている。

国内産ジャガイモ減少

某大手は国産ジャガイモにこだわっている。


北海道のジャガイモが不作の年があって
ポテトチップスも値上げするか、
量を減らして値段を据え置くか、
の選択で「量を減らす」ことを選んだらしい。

他社も追随してポテチ業界全体が、
空気袋化してしまった。

そのままずっと、量が増えとらんやんけ!

まとめ


(pic.twitter.com/F5yFc8Qykrより引用)
日本はハイテク機器の小型化が得意である。
しかし、お菓子まで小型化してしまった!

牛乳は細くなって900mlになるし、
ソーセージもカマボコも短くなるし、
ポッキーは小分け袋でゴマカされ本数減るし、
トイレットペーパーもサランラップも短くなるし、
カントリーマアムはハンパなく小さくなるし、
ルマンドもホワイトロリータも1本減るし、
コンビニの弁当もスーパーの惣菜も
容器が底上げされているし……

すべてが巧妙に「実質」値上げされている。
そのうち油吸わせて
重くしたりしなきゃいいが。

6メーカーのシェア・違い「カルビー湖池屋など」ポテトチップスを比較
誤解される カルビーとコイケヤ 1位 カルビー(70%) 2位 コイケヤ(20%) パリパリで調味料控え目、 女性的なカルビー。 サクサクで濃いめの味付け、 男性的なコイケヤ。 昼間食...


コメント

error:Content is protected !!