デブにありがちなこと

maruyaki1

maruyaki2

maruyaki3

maruyaki4

デブな子供が増えた

昔は学年に1人か2人だった。
最近はクラスに何人もいる。
街に出掛けてもよく見る。

子供の肥満は致命傷ではない。
しかし、
取り返しのつかない事態である。

3歳までに食べ過ぎると、
脂肪細胞がたくさんできてしまい、
太りやすい体質になってしまう。
そして、
脂肪細胞の数を減らすことは
できない。

脂肪細胞

肥満とは、
脂肪細胞が大きくなることである。

アナタの腹を見ればわかるように、
脂肪細胞は簡単に大きくなる。
すぐ8倍とかに膨れる。
ところが、
脂肪細胞は簡単に小さくならない。

つまり、
脂肪細胞の数が多いほど、
太りやすく痩せにくい。

太らない体質とは、
脂肪細胞の数が少ない体ということだ。

たくさん食べてくれて安心?

満1歳くらいまでは
どの赤ちゃんもコロコロしている。
また、好き嫌いが出始め
好きなモノばかり食べたがる。

この時期によく食べるからといって
安易に脂っこいモノや甘いモノを
やり過ぎるとデブ一直線である。

子供の頃デブると、
80%は大人になってもデブのままである。

どうすればいい?

方法は「食事」と「運動」、
大人と同じである。

大人にとっても大変であるが、
子供にさせるのは
もっともっと大変である。

さらに、
脂肪細胞が増えてしまった体質で
やらなくてはならない。
失敗すればすぐリバウンドし、
より痩せにくくなっていく。

デブは甘え

 「苦手な運動は避けましょう」
 「できることから始めましょう」
 「無理はしなくていい」
甘い方法・甘い考えでは
悪化するだけだ。

コンビニやスーパーには誘惑が一杯だ。
その誘惑をに耐え忍んでも、
外食の看板が容赦なく食欲を呼び戻す。

一生「弱い自分」と戦って勝ち続ける
「強い意志」を育てなければならない。

親が覚悟を持って、
厳しく指導する必要がある。

なぜなら、
子供をデブにすると、
以下の扱いを受けることになるからだ。

デブは負け組

綺麗事はやめよう。

すれ違う人間からはデブというだけで
忍耐力がないダメ人間と思われる。

デブ専がいる?
優秀な人もいる?
病気で仕方なく太っている人もいる?
しかし、
現実から逃げてはいけない。

すれ違う他人は、
見た目だけで人を判断する。
アナタがそうであるように。

その証拠に、みんな痩せるのに必死だ。
自分だけはデブになりたくないのだ。

デブは恋愛対象外

デブなオジサンとオバサンは顔が似ている。
つまり、デブに性別はない。

男も女もない。
「デブ」という第3の性別として
カテゴリ分けされる。

一生デブ

子供のデブは80%が一生デブという
現実がある。

実際、学生時代のデブで
大人になってスリムになったヤツは
1人も見たことがない。

一生、
肥満と戦う「覚悟」が必要である。

error: Content is protected !!