夫婦とは治りかけの風邪である

naorikake1

naorikake2

naorikake3

naorikake4

熟年離婚とは?

20年以上の結婚生活の末に離婚すること。
一般的には定年後の老夫婦が離婚することと
解釈されている。

熟年離婚でやり直せる人はいるだろう。
ただし、
専業主婦の熟年離婚はほとんど失敗する。

考えが甘い主婦が切りだす

共稼ぎの女性は世間を知っているので
軽はずみに離婚を切り出さない。
また、賢い女性は定年まで引き延ばさずに
もっと早い段階で見切りをつける。

世間知らずの専業主婦が
流行のドラマに乗せられて
甘い考えで切り出すことが多い。
そのパターンを見ていこう。

まずネットを見る

ネットでは熟年離婚に肯定的である。
安易に離婚を勧める意見を
鵜呑みにしてしまう。
ますます離婚に気持ちが傾く。
何年も前から準備が必要との意見が多い。

失敗した人のほとんどは
ネットに書き込みなどしないという
当たり前のことを、主婦は知らない。

得るモノばかり意識して
失うモノの大きさをわかっていない。

ヘルパーを始める

ネットで学習したとおり、
計画の3年くらい前から仕事を始める。
なぜかバカの一つ覚えのように
ヘルパーをはじめる主婦が多い。

何年かして介護士の資格をとるつもり。
健康であれば70過ぎまで仕事があるからだ。
しかし、
介護のキツさをわかっていない。

女性でも容赦なく力仕事が回ってくる。
シフトで昼夜逆転が毎週繰り返される。
ボケ老人の理不尽なクレームやわがままに
笑顔で答えなければならない。

旦那1人の機嫌もとれない主婦が
できるような仕事ではない。

経済的に困窮

自分から離婚を切り出しておいて
慰謝料をもらえると勘違いするバカもいる。
むしろ自分が払う立場であることを知る。

また、離婚後のために溜めていた貯金が
分与の対象であることを知る。

結局、予定していた半分以下の現金で
独り暮らしをスタートする。

離職

介護やヘルパーは離職率が非常に高い。

世間知らずで我が強いため、
人間関係が原因で離職する。
また、腰を痛めて辞める場合も多い。

辞めても国保や年金が毎月3万くらいかかる。
パラサイト主婦時代には無料だったのに……

後悔する

「後悔していない」「正解だった」
「いまの方が幸せ」と、口では強がる。
しかし、
「こんなに苦労するなら夫で苦労したほうが
 ずっとマシだった」というのが本音。

自己中な母を子供はよくわかっている。
子供をアテにしても相手にされない。
誰も助けてはくれない。

夫を支えてきたというのは、
夫に寄生していただけというのを知る。

error: Content is protected !!