【例文も】英語・カタカナのビジネス用語60一覧

オッサンの魔法

今さら聞けない?

ビジネス用語を連発するヤツは、
ハッキリ言ってウザい。

わけのわからないビジネス用語で
話がどんどん進んでしまう。

ア行

アウトソーシング:外注
(配送をアウトソーシングする)

アサイン:任命
(リーダーにアサインする)

アジェンダ:議題
(プロジェクトのアジェンダを配る)

アナウンス:知らせる
(新ルールを従業員にアナウンスする)

アポ:約束
(取引先の社長に面談のアポをとる)

イニシアチブ:主導権
(交渉のイニシアチブをとる)

イニシャルコスト:初期投資
(イニシャルコストが高くて断念する)

インキュベーション:成長の促進
(新規事業のインキュベーションを行う)

ウインウイン:双方に利益
(取引先とウインウインの関係になる)

エビデンス:証拠
(治療効果のエビデンスを示す)

オブザーバー:監視者
(会議のオブザーバーとして参加する)

オリエンテーション:順応
(新人のオリエンテーションを行う)

カ行

キャパ:容量
(この会議室ではキャパが足りない)

クロージング:成約
(取引をクロージングする)

グロス:全体
(グロスが良くても実際はどうか)

コスト:費用
(コストが高いと儲からない)

コスパ:費用対効果
(コスパの良い商品)

コンセンサス:複数の合意
(決定にコンセンサスが得られない)

コンプライアンス:法令順守
(重大なコンプライアンス違反である)

サ行

サマリー:要約
(会議のサマリーを配る)

スキーム:計画
(新規事業のスキームを練り直す)

ステークホルダー:投資者
(ステークホルダーに利益を還元する)

ソリューション:解決
(顧客にソリューションを提案する)

タ行

タスク:作業
(締切でタスクに追われる)

ディテール:詳細
(ディテールにこだわった商品)

デフォルト:初期設定
(デフォルトが使いにくい)

トップダウン:上層部から下へ
(トップダウンの命令)

トライアル:試用
(新ルールにトライアル期間を設ける)

ドーモ:魔法のことば
はじめまして・こんにちわ・お久しぶりです
ありがとう・さようなら・お疲れ様ですなど、
あらゆる意味になるので、
ニコニコしてドーモを連発するだけで
どんな場面でもなんとかなる。

ナ行

ニーズ:需要
(ニーズがなければ売れない)

ニッチ:隙間
(ニッチな産業)

ハ行

バイアス:傾向
(見方にバイアスがかかる)

ヒアリング:情報収集
(意見をヒアリングする)

ファクター:要因
(重要なファクター)

フィードバック:返すこと
(情報を部下へフィードバックする)

フェーズ:局面
(まだ結論を出すフェーズではない)

プライオリティ:優先順位
(作業のプライオリティを考える)

プロセス:過程
(プロセスではなく結果で判断される)

ベネフィット:利益
(顧客のベネフィットになる)

ベンダー:売る人
(○○社は業界トップのベンダー)

ベンチマーク:基準
(業界のベンチマークとなる製品)

ボトムアップ:下層部から上へ
(ボトムアップした意見)

ボトルネック:妨げ
(資金不足がボトルネックだ)

マ行

マインド:心がけ
(使命感を持つというマインドが重要)

マスト:絶対必要
(取引先のマスト条件だ)

マネタイズ:収益
(試験的な事業をマネタイズする)

マンパワー:人手
(マンパワーが足りない)

モチベーション:ヤル気
(減給でモチベーションが下がる)

モットー:指針
(楽しむことをモットーとしている)

ラ行

リーク:漏らす
(他社に企業秘密をリークする)

リスクマネジメント:危機管理
(情報漏えいのリスクマネジメントを行う)

リスペクト:尊敬
(社長をリスペクトしている)

リストラ:解雇
(無能高給社員をリストラする)
※再構築という意味で使う人はいない

リソース:資産
(このプロジェクトはリソース不足だ)

リマインド:思い出す
(期間が空いたのでリマインドメールを送る)

リテラシー:表現力
(新商品に関するリテラシーが高い)

レジュメ:要旨
(報告のレジュメを配る)

レスポンス:応答
(レスポンスが遅れてすみません)

レセプション:歓迎
(新人のレセプションを行う)

ローンチ:発表
(新商品をローンチする)

ロジカル:論理的
(ロジカルな考え方が必要)



コメント

error:Content is protected !!