パチューカ本田

pachuca1

pachuca2

pachuca3

pachuca4



本田の軌跡

19歳グランパス→22歳フェンロ(オランダ2部)
→24歳CSKA(ロシア)→28歳ミラン控え(イタリア)
→31歳パチューカ(メキシコ)

○シュート
○フィジカル
○パス
○ボールコントロール
○メンタル

×動作が遅い
×ボール持ちすぎ
×運動量
×ドリブル突破
×ブレイン

ノーステップでのキックに定評がある。
巧いけど遅い、そんな選手である。

フェンロ時代

2部で最優秀選手に選ばれた。
派手なタイトルではないが、
将来が期待された。

CSKA時代

CSKAでは中心選手であった。

「俺の人生は山あり谷あり。
そう考えると今は谷底にいる。
まだCSKAにいることもそう」

しかし、
そのCSKA時代の24~28歳が
選手としてのピークであった。

2010年 南アフリカW杯

デンマーク戦でのフリーキック。
あの一発で日本代表における
不動のエースとなった。

ただし、その後の成功率からして
まぐれの一発であったと言わざるを得ない。

ACミラン時代

 「ACミランですよ。我々は。」
日本人がミランの10番になる日がきた!
……が、
クラブは彼についているスポンサーの
ジャパンマネーが目当てなのだ。
日本のファンも開拓できるし。

 セードルフ「ホンダはもう充分に出した」
監督のこの言葉が、全てを物語っている。

 「海外ではゴールで評価される」
中盤での起用でも前線でキープすると
シュートのことしか頭にない。
その結果、
得点にこだわりすぎて失敗した。

 「ミランで孤立している。あえてね。
孤立したままポジション争いに敗れ、
戦力外となった。

2014年 ブラジルW杯

ミランの控え時代に試合勘ナシ状態で参戦。
全体的にキレがなかった。

本田をベンチに下げるにも、
他に中心になれる選手がいなかった。
この選手層の薄さでは、
日本はまだサッカー中堅国といえない。
ベスト8の壁は破れないであろう。

コートジボアール戦のシュートだけは良かったけど。

2017年 まさかのメキシコ

あれだけ時間をかけて選んだのに、
予想の斜め下をいくガッカリ移籍。

ミランの10番が移籍金0円でメキシコ……
過去に例を見ない落ちぶれ方である。

ヨーロッパでは激安オファーしか
なかったのだろう。
低い年俸でもトップリーグの弱小チームを
立て直せばカッコよかったのに。

カネ目当てで小さくまとまってしまった。
年俸度外視で日本に帰ってきて、
Jリーグを盛り上げる方が100倍マシな選択。

メキシコ代表は強豪

W杯決勝トーナメントの常連である。
ブラジル・ドイツなど、
優勝候補と比べると地味だが、
日本を手玉にとれるくらいは強い。

メキシコ人は体格が小さい。
1:1メインでは屈強な白人に勝てない。
そのため、
速いパス回しで勝っている。

 [ボールを持ちすぎて敵にとられる]
本田がよくやるミスだ。
日本代表ならスポンサーのチカラで怒られないが、
メキシコ人はこういうミスには特に厳しい。

つまり、
自己中オレ様プレーはもの凄く嫌われる。
素直にならないと、また孤立するハメに。

日本が最もお手本とすべき国

スペインでもドイツでもブラジルでもない。
それは、メキシコと言われる。

メキシコ人も日本人も小柄であるが、
メキシコは日本より明らかに強い。
学ぶべきことは多い。

本田にはぜひ、
メキシコサッカーの伝道師になってもらいたい。

メキシコリーグとは

リーグのレベルは、
Jリーグ以上トルコ未満くらい。

資金潤沢で選手の年俸が良いため、
代表選手の海外流出が少ない。

レベルの低いリーグではないが、
ヨーロッパとは見劣りする。
世界的に注目されるリーグではない。

ヨーロッパでのサッカーは
男のスポーツであり、
サポーターも男ばかりでムサ苦しい。
一方、
メキシコリーグは家族観戦も多く、
和やかな雰囲気である。

パチューカ

どのくらい強いチームなのか?

北中米では強豪チームの1つであるが、
ダントツというわけでもない。
Jリーグなら上位で、
ヨーロッパなら下の上くらいだろう。

実は、
ガンバ大阪とパチューカは、
2008クラブW杯で対戦している。
ガンバ大阪が勝利。

いくらホームで有利とはいえ、
ガンバが勝てる程度のチームである。

本田が失敗する可能性

活躍するだけの実力はあるが、
この移籍が失敗する可能性もある。

メキシコでもっとも要求される、
速い動作が苦手だからだ。
すばしっこいメキシコ人たちに
モッサリした本田がどう順応するか。

本田はスタミナにも不安がある。
おまけにパチューカ市は標高2500mで
空気が薄い。
首都メキシコシティも高地である。
すぐにバテるかも。

中村俊輔状態と予想

周りが特別扱いしてくれたら光る。
してくれなれけば消える。

本田には遅さをカバーする
技術はある。

 「遅い……けど巧い!」
となるか、
 「持ち過ぎるなボケ!」
となるか、どちらかだろう。

バズーカ本田になれ!

 「パチューカでちゅよ、我々は。」
メキシコは気圧が低くてボールがよく飛ぶ。
本田ならパチューカでバズーカ砲を打てる。

本田は距離のあるフリーキックが得意。
強烈なミドルもある。
バズーカ本田というキャラも、あり。
だが飛び過ぎて宇宙開発ばかりの危険も。

いずれにせよ、
辺境リーグでどんなに活躍しても注目されない。
もう代表には呼ばれないと予想する。。

メキシコにした理由

億単位のオファーを提示したのが
パチューカだけだったのだろう。
本田というよりジャパンマネー目当てだが。

また、
本田はサッカー教室やクラブ経営をしている。

パチューカは多角経営で成功している、
金持ちクラブである。
サッカー大学も経営しており、
ビジネス面での収穫も多い。
人脈の獲得や業務提携という旨味もある。

すでにサッカーはビジネス
割り切っている可能性がある。

怪しい雰囲気に……

背番号が世界平和を夢見てピースで2番とか、
ユニフォームに本田プロデュースの
ファッションブランドKSK(ケーェスケー)とか。

サッカーだけに集中していれば一流選手になれる素材であったが、
金儲けなどでサッカーが中途半端になってパッとしなかった。

某エコ活動家のように、次の仕事は旅人?

2018コロンビア戦まとめ
2018セネガル戦まとめ
2018ポーランド戦まとめ
2018ベルギー戦まとめ

error: Content is protected !!