パソコン買った。

pasokon1

pasokon2

pasokon3

pasokon4

子供の映像は最高画質で撮りたい

親なら誰もが思うことである。
2016年の冬のことだった。

4Kをどげんかせんといかん

家にあるのは5年前に3万5千円で買ったレノボだ。
今のコイツでは4K編集はおろか、再生すらできない。
かなりのスペックが必要だ。
電気屋でメーカー品を買えば20万以上する。
DPCでも15万くらいかかる。
レノボを改造してなんとかしたい。

メモリも普通に増設する。1万円。
SSDから起動できるようにする。1万円。
ここまでは一瞬だ。

問題はCPU

メーカー品のマザーボードに合うかはギャンブルである。
Corei7-3700を通販で買った。2万円。
ソケットは合う。
バッチリ収まった。
換装して起動してみる。

起動しない

何度立ち上げても起動しない。
まさか失敗……
顔が青ざめた。
CPUの相性が不一致でも、返品は受けてくれない。
通常は。

電話で業者を必死に説得した

 業者「マザーボードとの相性は保証できかねます」
 オレ「2700Kの方が安いです。差額は不要です」
 業者「返品交換は初期不良のみなんですよ」
 オレ「送料はもちろん負担します」
ひたすら下手に出てお願いしまくった。
 業者「仕方ないですね~」
 オレ「お手数をおかけして申し訳ありません」

Corei7-2700に交換してもらった。
換装して起動してみる。
起動した。
あぁ……よかった……!

完成!

あとはビデオカードだ。2万円。
楽勝。てか、刺すだけ。
ソフトをインストールして完了。
再起動すればコイツは生まれ変わる……!

起動しなくなった

消費電力のことを忘れていた。
電源を交換しないと。
ソッコーでパソコン屋に行く。
5千円。
起動した。
ついに完成!

ブーーーーーン!!!!

ファンが超うるさくなった。
CPUのクロック数最大で回り始める。
ウルサ過ぎる!!!!

またパソコン屋に行く

3つのファンを静音タイプに交換する。5千円。
やっと完成。

毛虫が蝶になった

安物のオンボロレノボは7万円で生まれ変わった。
改造は本体の2倍かかった。
かなりの手間もかかった。
しかし、いい仕事できた。
フルハイビジョンとは比べモノにならない画質に満足。
2016年の段階でムスメの映像を4Kで残せた。

音も重要

外付けのマイクも装着。
7000円くらいの安いヤツだが純正マイクより全然いい。
自分がしゃべった時の声も不自然に大きくならない。

撮り方も重要

動画や写真の撮り方の本を何冊か買う。
構図や構成を猛勉強した。
3点構図やフィックスなどの基本を知る。
この頃から動画が劇的に良くなった。

error: Content is protected !!