頭の悪い親ほど、難しい名前をつけたがる

名前1

名前2

名前3

名前4

世界の終焉

1910年ハレー彗星が接近した。
フラマリオン説とか有毒ガスが出るなどの噂が広まる。
欧米ではパニックになった。

フラマリオン説

彗星の尾に含まれる水素が地球の酸素と結合。
水になってしまい、呼吸ができなくなる。

76年に一度

1986年。
友達のオトンが立派なハレー彗星の写真を持ってきた。
テレビでは肉眼でも見えると報道している。

家に帰った

ベランダで彗星を探した。
ない。
もう行ってしまったらしい。
流れ星くらい速いのかも。

学校では

ハレー彗星を見たというヤツが何人かいた。
オレは見逃した……
もう76年後まで見られないのか……
かなりの消失感を味わう。

大人になった後

しし座流星群のことをニュースでやっていた。
ふとハレー彗星のことを思い出す。
当時のことをググってみた。
日本は条件が悪かったらしい。
本州からのハレー彗星は、明け方でしかも角度が5度。
肉眼での観察はほぼ不可能だったとのこと。

あの写真は外国で撮ったものだろう。
てか、見たって言ってたヤツらは一体……

error: Content is protected !!