相撲部屋も兼ねていた

酒で失敗

3人に共通するのはである。
酒の作用はアクセルを強めるのではなく、
ブレーキを弱める作用である。

ゆえに、
普段自分を押さえ込んでいる人ほど
本性が出やすい。

ちなみに、
アクセルを強めるのは覚せい剤やカフェインである。

即効性のドラッグ

酒は液剤なので即効性があり、
10分くらいで効き始める。

ビールなどの炭酸を含む酒は
胃からも吸収されるので
5分くらいで効き始める。
さらに胃からも吸収されるおかげで、
何リットルも簡単に飲めてしまうため、
飲み過ぎやすい。

分解されるのは?

おおむね8時間で体内から消失する。
しかし、
分解後のアルデヒドが体内の残るので
不快感は翌日の午後まで消えない。

アルコールの分解にかかる時間は、
おおむねこのくらいの時間である

二日酔いの不快感を減らすには?

二日酔いはアルコールを摂取することで、
水分・糖分・塩分・睡眠の4つが失われることが
原因である。

もっとも影響が大きいのは水分
頭痛もダルさも脱水が原因。
脱水状態は全身を不快にさせる上に、
回復を遅らせてしまう。

利尿作用

アルコールやカフェインは尿の排泄を
強力に促進してしまう。

ビールを飲んだ量のおよそ半量は
尿として水分が奪われると思っていい。

どうすればいい?

飲む前にペットボトル1本(500ml)の水分を
とっておくだけで翌日は全然違う。
飲んでいる間も水を飲むとさらにいい。

酒は眠りを浅くするので、
ノンカフェインのものがよい。
スポーツドリンクが効果的という素人が多い。
電解質は尿で失われた後に摂らないと意味がない。
水分だけを摂った場合と大差ない。
カロリー高くて太るし。
オススメは麦茶。

飲んだ後に大量の水分を摂るのもいいが、
飲む前に摂ったほうが効果的。
アルコールの吸収をゆっくりにするからだ。

プラスα

飲んだ後にラーメンを食べるのは
糖と塩分補給になるので理にかなっている。
太るけど。
太りたくないなら、
翌朝に味噌汁を飲むのも効果的。

睡眠中の発汗や尿で失われた
電解質を補給できる。

具体的な対策

美味しく低カロリーに対策したい。

飲む前に麦茶を購入。
飲んだ後に麦茶とカップみそ汁を購入。
翌朝の出勤時にコンビニコーヒーを一杯。

これだけで、
翌日の不快感は半分以下になる。
出張の時はいつもこうしている。

翌朝の頭痛

牛乳や麦茶などで水分をしっかり摂る。
その後、ウーロン茶や緑茶、コーヒーなどで
カフェインを摂ると緩和される。

酔うタイプ

猿酔い……騒ぐ。真面目な人に多い。
鼠酔い……表に出さない。神経質な人に多い。
獅子酔い……狂暴になる。短気な人に多い。
羊酔い……理屈っぽくなる。ナルシストに多い。
山羊酔い……触りまくる。ムッツリに多い
豚酔い……大人しくなる。気が小さい人に多い。
狐酔い……お酌しまくる。ウソつきに多い。
猫酔い……泣く。女性に多い。

酒に関する名言

酒に関する様々な名言から
なるほど、と思えるものを抜粋してみた。

不明

「酒は喜びを倍にし、悲しみを半分にしてくれる」
「冷酒と親の言う事は後で効く」
「顔は鏡で見、心は酒で見る」
「呑んでいる時は呑み足りなく、呑み終わると呑みすぎている」
「飲んではハイに 醒めては灰に」

海外

ドン・キホーテ作者「私は機会があれば飲む。機会がなくても飲む」
フランク・シナトラ「酒は敵だが、聖書には敵を愛せよとある」
ボードレール「勤労は平日を豊かにし、酒は休日を幸福にする」
アルカイオス「酒は人間を映し出す鏡である」
ボーデンシュテット「酒を水のように飲む者は酒飲みに値しない」
バーナード・ショー「酒は人生という手術を耐えさせてくれる麻酔薬」
ジョン・セルデ「責めるべきは飲むことでなく、飲み過ぎること」

日本

兼好法師「酒は百薬の長なり。されど、万病の元なり」
一般常識「お酒は飲んでも呑まれるな」
水商売の常識「酒は飲んでも飲まされるな」
キャバ嬢「酒は飲んでも乗られるな」
立川 談志「酒は人間はもともとダメだということを教えてくれる」
某アニメ「酒が罪を着てくれるおかげで人間が救われる」
山口メンバー「悪いのは、酒だ」

エンタメ編
管理人をフォローする
シンプルよんこま


コメント

error:Content is protected !!