震災37日目(4/16) ほあんいんぜんいんあほ



原子力発電

推進派から強調される経済性は、本当なのか?

メリットは経済性、デメリットは安全性にあるらしい。
原子力の賛成派と反対派の意見は、
日本だけでなく世界中で注目される。
日本では30%が、全世界の15%が原子力発電である。

メリット

★天下り先がたくさんできる
★補助金で貧乏自治体がカネモチになれる
★安定して大量の電気を発電できる
・コストパフォーマンスに優れる
・温室効果ガスが出ない
・水力・火力より環境への影響が少ない
・風力・太陽光より莫大な電気を発電できる

デメリット

★100%安全でない
★最終処分が実用化できていない
★廃棄物の無害化に10万年かかる
・建設費用の高さ
・廃炉の費用の高さ
・人災や天災が起こる危険
・廃炉に何十年もかかる
・最終処分場がが決まっていない

賛成派

・石油は枯渇するが核燃料は無尽蔵にある
・問題が解消されれば有用
・現代人の生活には原子力が必要
・安全性が確率されればクリーンエネルギーだから
・火力発電は温暖化を招く
・水力発電はもう限界だし環境を破壊する
・原発以外にも100%安全なものなどない
・頻繁に停電したら困るだろ?保冷品とか
・将来的に自然エネルギーに替えるまでのつなぎで
・今さら廃止廃止と言うほうが無責任でないか
・産油国の中東地域は政情不安定
・ウラン生産国(オーストラリア・カナダ)は政情安定
・自動車のほうがよっぽど人が死んでいる
・反対派の意見は感情論ばかり

反対派

・安全性が確立されていない
・廃棄物の問題が解決していない
・高速増殖炉や最終処分が実用化されてからにすべき
・あんな危険な物を……気が狂っている
・原子力の代替エネルギーの方が重要
・トラブルの修復が極めて困難
・核廃棄物より二酸化炭素の方がマシ
・原発の経済性より省エネ生活の方が大事
・原子力どうこうより、人がダメ
・後の世代に丸投げはよくない
・核廃棄物のどこがクリーンなの?
・不経済でも自然エネルギーを
・火力発電の原料は日本で採れない
・特に日本は、いつ大地震がくるかわからない
・汚染された地域には半永久的に住めない
・汚染された食べ物がコッソリ流通する
・「もんじゅ」で失敗した時点で詰んでいる
・無責任に安全性を強調しすぎ
・安全なのは、たまたま事故が起こってないだけ
・大爆発してプルトニウムが降ってきてもいいのか
・炉心損傷は宝くじ1等の確率で毎年起こっている
・何か隠してるんじゃないの?
・やるなら民間の電力会社でなく、国営にすべき
・廃棄のことまで考えると、却って効率が悪い
・研究、修繕、廃棄まで考えるとコスト高い
・発電所を爆撃されたらどうするの
・建設や修理で東芝丸儲け
・日本より中国の原発が心配
・10万年前の地球にはまだ原人やマンモスがいたよ

どちらが勝つか?

反対派はヒステリー、
賛成派はテロリストなどと言われる。
反対派の意見の方が正しいように思えるが……

現実は賛成派の圧勝であろう。
賛成派は銭コという明確な旨味の元に
一致団結している
一方、反対派はバラバラだ。
そもそも国策として推進されているし、
推進を前提に法整備されている。
それが正しいか間違っているかは別として。

なぜか?
日本という国は無宗教の民主主義国家でない。
諭吉教の拝金主義国家である。
自然や他人の命などより
福沢諭吉が印刷された紙切れの方が
はるかに価値があるからだ。

自分の遺産さえ確保できれば、
未来への負の遺産なんかどうでもいい。
本当に、そんな人間ばかりなのだ。

原発は本当に必要なのか?

そもそも今使っている電気は
10万年も目が離せない核廃棄物を出してまで
発電するほどの価値があるのだろうか……

原発1基で50万Kw。
パチンコ85万Kw、自販機25万Kw ⇒原発2基分。
日本には原発が54基あり、世界第3位の規模である。
人口比から考えると、明らかにやりすぎ

無駄な24時間営業や繁華街の電飾など、
今発電している電気が本当に必要なのかを
あらためて検討する必要がある。

発電コスト

日本では以下のように経済性が強調される。
本当なのか?

太陽光 50円
風力 15円
水力 10円
地熱 9円
火力 8円
原子力 5円

しかし、政策・事故コストまで含めた
アメリカの試算では……

太陽光 30円
火力 11円
原子力 10円
風力 9円
地熱 9円
水力 8円

原発は却って高くついていないだろうか……

error: Content is protected !!