反日害国人に留学補助

shougakukin1

shougakukin2

shougakukin3

shougakukin4



奨学金=学生ローン

奨学金は[借金]である。
学生が卒業後に背負う。
[奨学]といえば聞こえはいいが、
実態はただのローンである。

教育の機会均等に寄与する(笑)

2人に1人が奨学金

第一種が利子なし、第二種が利子あり。
月5万くらい借りる人が多い。

日本学生支援機構では
第二種が7割である。
第一種と第二種を併用して
10万くらい借りる人もいるが、
やめた方がいい。

第一種は成績優秀者のみ。
第二種を集めるためのエサ。
不動産の[おとり物件]と同じ。
ほとんどは第二種で審査が通る。

借りる必要あるのか?

バカ大学が増えすぎた。
借金してまで進学するほどの
大学かどうかよく考えてほしい。

また、
大学を出るほど価値のある就職先が
大学の数に比べて少なすぎる。

間違っても奨学金で大学院博士課程などNG。
トンでもないことになる。

シミュレーション

第二種(利息2%)で
400万借りたとする。
480万を20年(240回)で返済。
月2万ずつ返して42歳で終了。

だいたいこんな感じ。
[毎月2万なら楽勝]と思いがちだが、
手取りから引かれ続けるうちに
ボディーブローのように効いてくる。

それでも多くは、
順調に返していくのだが……

もはや貧困ビジネス

33万人もの人が滞納しており、
その90%が年収300万未満である。

しかし日本学生支援機構は
利息で年間300億円、
延滞金で50億円もの利益を
叩き出している。

なぜか?
えげつない取り立てをするからだ。

三ヶ月滞納

金融機関のブラックリストに載る。
住宅ローン・クレジットカードが
使用不可になる。

さらに、
延滞金10%が課せられ、
借金が雪だるま式に増える。
しかも、
残りの借金・延滞金・利息すべて
一括で返済を求めてくる。

九ヶ月滞納

ここまでできなければ
裁判所の強制執行で、
手取りの25%と財産を没収。

自己破産

それでも滞れば自己破産させられ、
連帯保証人に請求がいく。

つまり、
絶対に奨学金の連帯保証人になっては
いけない!!!!

error: Content is protected !!