ついに正体が暴かれた!

shoutai1

shoutai2

shoutai3

shoutai4

若者の甘さ離れ

一口にイチゴジャムといっても、
いろんな糖度のラインナップがある。
低糖度はパンに、中等度は両方に、
高糖度はヨーグルトに合う。

本来は砂糖を大量に使った[保存食]であるが、
近年の健康志向から、
砂糖を少なめにした甘さ抑えめジャムが人気。

35%(砂糖不使用)

砂糖を加えず、
イチゴの甘さだけで作ったジャム。
イチゴに含まれる糖分だけを煮詰めると
35%程度の糖度になる。

砂糖不使用なので、
[無糖だからカロリーが低い]と
勘違いしている人もいる。
砂糖(スクロース)は含まれなくとも
果糖(フルクトース)は含まれる。
当然、砂糖不使用でもカロリーは高い。

サッパリしているが、
それなりに甘い。
パンにはよく合うが、
ヨーグルトにはあまり合わない。

大さじ1(20g)で27Kcal。
開封後の保存期間は1週間。

45%(低糖度)

ヨーグルトにもそれなりに合うが、
パンの方が合う。

55%(中等度)

酸味と甘みのバランスがよい。

甘味を感じるが、
食べ終わった後に口の中に
甘さが残らない。

パンにもヨーグルトにも合う
ド定番の味。

大さじ1(20g)で33Kcal。
開封後の保存期間は2週間。

65%(高糖度)

ヨーグルトに合う。
高い糖度でパンの風味が消えてしまう。

糖度が60%以上だとペクチンが効くので
トロトロしていて食感は良い。
味は子供向けという感じ。

製法と保存

砂糖をまぶして放置
→イチゴから水が出る→煮詰める
→クエン酸・ペクチンを加えてゼリー状に。

甘さ控えめなほど、
保存性に欠ける。
糖度80%以上であれば菌は繁殖できない。
常温保存が可能。

カロリーの誤解

ダイエット目的でやたら
低糖度ばかりを選ぶ人がいる。

砂糖を加えないタイプと
中等度タイプのカロリーは
ほとんど差がない。

単純に、味で選ぼう。

エンタメ編
管理人をフォローする
シンプルよんこま


コメント

error:Content is protected !!