資本主義では、資本家しか幸せになれない

資本1

資本2

資本3

資本4

学生と社会人の違い

もっともわかりやすいのは、
お金を払うか貰うかである。

自分を生かすのが学生。
自分を殺すのが会社員である。

責任

学生は個人の責任で済む。
社会人は組織全体の責任になる。

社会人は失敗すれば責任を取らされる。
会社の信用も落ちるし、
損害も発生するからだ。

時間

学生は自分のために時間を使う。
社会人は他人のために時間を使う。

社会人は休日は決められており、
仕事は自由に休めない。

人間関係

学生は嫌いな人間を避ける。
社会人は嫌いな人間を避けられない。

社会人は嫌いな相手こそ、
機嫌をとらなくてはならない。
付き合う相手は強制的に決まり、
学生のように相手を選ぶことはできない。

実例)「大変申し訳ございませんでした」

自分が悪くなくても「謝る」。
ひたすら謝る。
イヤな人間の機嫌を取る。

業者をイジめるのが趣味みたいなゴミ

どこにでもいる。
 ゴミ医「なんで置いてないんだ!!おかしいだろ!」
 担当者「大至急取り寄せます……」
 ゴミ医「すぐに持ってこい」
 担当者「在庫がございませんで……」
 ゴミ医「今日中に持ってこい!」
担当の営業が2つ隣りの県まで取りに行く。

480円の商品1つで往復6時間

 担当者「大変お待たせ致しました」
 ゴミ医「違ったわ(笑)」
他のメーカーの商品だった。
注文する業者を間違えたらしい。
いつもの業者に頼んだらアッサリ納品しにきたとのこと。
謝るかと思いきや、
 ゴミ医「見積もりを提案した以上は、必ず在庫しておくように」
また仕事が増えた。

医者という客

センセイ、センセイ。
20代で医師免許取得。
何の実績も経験もない若造がいきなり「先生」。

看護師も事務もセンセイ、センセイ。
製薬会社も卸もセンセイ、センセイ。
患者も家族もセンセイ、センセイ。
ベテランの医者からもセンセイ、センセイ。

マトモな大人になるワケがない。

error: Content is protected !!