震災49日目(4/28) カン

震災離婚

震災婚よりも震災離婚の方が
はるかに多かった。
その理由とは?

20代30代の独身女性には震災婚が増えたが
40代既婚女性には震災離婚がもtっと増えた。
震災後、
離婚相談所への相談件数は3倍に増加した。

女性から、が多い

 (こんな人だったなんて……)
震災後の離婚相談は感情の変化によるものが多く、
女性から離婚を切り出すケースが多かった。

震災で夫を見る目が変わった妻は80%。
そのうち、夫を見直した妻は80%いた反面、
離婚を考えた妻は10%いた。

勝手に実家に帰る妻

専業主婦の妻が子供を連れて勝手に実家へ。
生活費だけ要求してくる。
もともと冷え切った仲だったので
これを機に離婚。

東電社員

東電というブランドから金遣いの荒かった妻。
昼頃まで寝ていて家事も苦手。

女友達と頻繁に旅行。
震災によって一気にブランドが崩れ、
給料も削減された。

 「給料はいつ戻るの?」
 「ボーナスは出るの?」
被災者から厳しい言葉をかけられて、
家でもねぎらいの言葉がない。
 (この我慢が一生続くのか……)
離婚を決意した。

ボケ老人

義母はボケて介護施設に入っていた。
ところが津波で崩壊し、自宅で面倒をみることに。
 (ボケ老人の世話まで……)
妻は離婚を決意した。

震災前が決定打に

頼りない……自分勝手……
地震や津波は建物だけでなく、
夫婦の絆まで壊してしまった。
もともと不仲であったが
ズルズル続いていた夫婦にトドメを刺した。

事実婚カップル入籍と同様、
家庭内別居だったり、
もともと不仲であった夫婦が
震災がきっかけで離婚になるケースが
もっとも多かった。

感情的にならないこと

離婚は結婚の7倍大変である。

離婚の話し合いや手続きにおいて、
結婚という契約の強さを思い知ることになる。
離婚を実際にするにしても、
一度アタマを冷やしてから、決断しよう。

震災編
管理人をフォローする
シンプルよんこま


コメント

error:Content is protected !!