心配すると、実際に起こる

situmon1

situmon2

situmon3

situmon4

飲酒の検問

ベッドタウンでやることが多い。
飲酒運転をする人は、繁華街から20~30分離れた
住宅街に住んでいることが多いからだ。

メイン道路ではしない

1~2本奥に入った道。
細い道や一方通行の道ですることが多い。
途中で引き返せないようにするため。

情報公開

事前に場所や時間を公表している場合がある。
アプリやネットの専門サイトでわかる。
https://www.navitime.co.jp/traffic/patrol/type/7/

ちなみに飲酒王国高知県では、
テレビで場所と時間をこと細かに公表していた。
なのに同じ会社のオッサンが飲酒運転でクビになった。
アホか。

0.15mg/L以上0.25mg/L未満

呼気中のアルコール濃度がこの範囲だと
90日の免許停止+50万以下の罰金。

0.25mg/L以上

免許取り消し+50万以下の罰金+欠落期間2年

酒酔い運転

基準はなく、警察官の判断。
グデグデに酔っていると食らう。
免許取り消し+50万以下の罰金+欠落期間3年

分解時間

ビール大瓶1本でだいたい4時間。
コップ1杯ならだいたい2時間。
たくさん飲んだらだいたい8時間。
   ※赤くならない人は分解が速い。

乾杯のコップ1杯なら、
1次会終了後には基準を下回ると予想されるが、
車で帰るのは厳禁である。

飲酒の検問に引っかかったことがある

 警官「呑みましたか?」
二次会の後だった。もうゴマカしようがない。
 オレ「はい」

態度が急変する

 警官「ちょっとこっち来てれる?」
 警官「車そのままでいいから!」

大きく息を吸い込む。
プゥーーッと風船を膨らませる。
警察官は難しい顔をして検査値を見ている。
細長いオレンジ色の紙にサラサラと書き始めた。
キップを切ってるのか……
 警官「呑んできたって言いませんでした?」
 オレ「けっこう前なんですけど」

またしても態度が急変した

 警官「こんな紙もらってもしょうがないと思うんですが……」
 警官「検査した人に渡す決まりなんで受け取ってもらえますか?」
 警官「すぐ捨ててもかまいませんので……」
検査結果がシロであるという内容だった。
これ以上ないくらいの下手な態度で接してきた。

よく考えたら二次会では呑んでなかった。
オレは酔っても顔に出にくい。
数値にも出にくい体質なのかも。

警察官の一般人と犯罪者に対する態度の差は、
想像以上に大きかった。

error: Content is protected !!