低額で定額

teigaku1

teigaku2

teigaku3

teigaku4

ホワイトカラーエグゼンプション

労働基準法の「週40時間」を撤廃する制度であり、
残業代ゼロ法案とも呼ばれる。
ブルーカラー(作業員)ではなく、
ホワイトカラー(管理職)に適用される。

過労死促進との批判を受け、
法案提出が断念された。

目的

同じ作業を短時間で完成させた者より、
長時間残業して完成させた者の方が
高い給与になってしまっている。

そこで、
時間ではなく成果で評価することにより
労働生産性を高める狙い。

なぜ導入?

欧米では一般的な制度である。
日本にも外資系企業が増え、
欧米から導入するように圧力がかかった。

メリット

・業務効率化のモチベーションになる
・出社や退社の時間を自由に決められる

デメリット

・「名ばかり管理職」がサービス残業を強いられる可能性
・本当に残業が必要でも残業代が出ない
・休日出勤の手当てがない
・過労による死や病気は自己責任で労災認定なし
・無報酬の長時間労働を合法化される
・従来より「評価基準」が厳しくなる

企業が悪用すれば現代の「奴隷制度」と
なりかねない法案であった。

アメリカでの導入にあたって

経営側団体が大賛成で、
労働側団体が大反対であった。
両者の間で大論争が巻き起こった。

このことからも
ロクな制度ではないと感じる。

横文字の制度

サマータイムと言い、
ホワイトカラーなんちゃらといい、
横文字の制度は、
ロクでもない制度ばかりである。

アメリカの現実

週給455$以上に適用できる。

アメリカにはボーナスがないので、
日本でいうと日給7000円程度である。
これはフルタイム労働者の90%にあたる。

そのため現場作業員(ブルーカラー)も
「名ばかりホワイトカラー」に
させられている。

青→白→黒

ブルーカラー時代に残業していた分を
ホワイトカラーで定時までに仕上げる。

業務は多忙を極める。
労働の内容も厳しく「評価」される。
現状維持では評価は下がる一方だ。
翌年からは業務改善を要求される。

業務を効率化して定時で帰るどころか、
業務効率化した上で
夜中まで帰れなくなってしまう。
そのため、
夜遅くの電車も混み合っているとのこと。

ブルーがホワイトにさせられて
ブラックになってしまったのだ。

error: Content is protected !!