死ぬまでに1度は経験してみたいこと

time1

time2

time3

time4

「過去に戻れるのなら人生をやり直してみたい」

そう思う人は多い。
子供時代には子供なりの、学生時代には学生なりの
悩みや不安があったはず。
それでも戻ってみたいものだ。

過去は常に見ている

光より速く移動すれば過去を見られる。
10000光年離れた星から100年で地球に来れば、
望遠鏡で9900年前の星の姿を目にすることになる。

光より早く移動しなくとも過去を見る方法はある。
あるというより、目で見えるモノはすべて過去である。
光が目に届くまでのタイムラグがあるからだ。

鏡の自分を見てみる

鏡に映った自分は、過去の自分である。
光が往復する分の過去だ。

アインシュタインの相対性理論など、
光と時間は物理学の分野である。
が、考えれば考えるほど文学や哲学になってくる。

error: Content is protected !!