中国嘉義市のビル屋上(実話)

tobiori1

tobiori2

tobiori3

tobiori4



ペットと一緒の墓へ

ペットと共に墓に入りたいという
要望は増えている。

しかし宗派や寺院によって
ペットに対する考え方が異なり、
断られることも多い。

霊園は宗派を問わないので
可能な施設が増えている。
ペットと共に眠る樹木葬も多い。

法律は?

ペットと人の骨を一緒に埋葬することを
規制する法律はない。
寺や管理会社の意向で決まる。

費用は?

納骨工賃が5万くらい。
ペットの名を彫刻するなら3~5万くらい。

墓地は人だけのより20万くらい高い。

ペットの遺骨だけ先に埋葬することも可能。

火葬の料金は?

動物霊園などで火葬をしてもらい、
骨を持って帰る。

個別に火葬する相場は、
小動物1万、猫・小型犬2万
中型犬3万、大型犬5万くらい。

悪徳業者

新規参入しやすい業種なので
悪徳業者もいる。

合葬を依頼したにもかかわらず、
遺骨を埋葬せずに土嚢のまま
積み上げたり、放置など。

事前にネットなどで
しっかり調査しよう。

散骨

ペットの粉を火葬業者に粉にしてもらうか、
ミキサーで自分で粉にして
自分の墓に撒いておく方法もある。

周りの人間には黙っておけばわからない。

裏技

どんな墓でも無料で一緒に埋葬できる方法がある。
ただし、
自分の子供や信用できる人がいないと難しい。

①ペットを火葬し骨を保管
②自分が死んだときに棺に忍ばせてもらう
 ※ペットの骨だとわからないように!
③一緒に火葬→一緒の墓へ

error: Content is protected !!