1kg1000円!「オルトラン」ゴキブリ侵入防止対策と駆除方法

オレらの家主……

yanusi1

yanusi2

yanusi3

yanusi4

黒い恐怖

ゴキブリは外からやってくる。
換気扇・エアコン・排水口……
家には外部につながる穴がたくさんある。

①侵入させない
②家のゴキブリ駆除

この2点を徹底することに尽きる。

フェロモン

侵入に成功したゴキブリは、
繁殖のために集合フェロモンを放出。
このフェロモンは数キロ先まで届く。

フェロモンのチカラで、
多くのゴキブリが集まってくる

①侵入させない

1.5mmの隙間があれば、
ほとんどのゴキブリは侵入可能である。
そんな隙間すらない住居は、
核シェルターくらいである。

どの家にもメインの出入り口が必ずある。
それを埋めると劇的に減る。

メインの入り口はどこなのか?

玄関

玄関ドアの下は隙間が空いている。
小さなゴキは入り放題である。

ベランダ

アパートやマンションなどの
集合住宅の場合は、
ここからお引越ししてくる。

特に、
隣の部屋がプランターなどで
花や野菜をつくっていると、最悪。
しかし撤去するわけにもいかない。

その場合は、
ベランダの境目にホウ酸団子や
ブラックキャップなどを置く。

網戸とサッシ

ほぼ全ての家は3~5mmの隙間がある。
ちょっと目を離した隙に、
案外堂々と侵入しているものだ。

夜中も網戸を開けたままにして寝ていれば
侵入し放題である。
ベランダがゴミ置き場ならもう最高。

隙間テープはホームセンターで
数百円で売られており、
ハエや蚊の侵入も防ぐことができる。

段ボール・植木鉢

ゴキブリが好きな場所。

成虫を一緒に家の中に入れる人は少ない。
しかし、
ここには卵が産みつけられている
しかも目立たないところに。

ゴキブリの卵は
カセットのように殻に守られている。
乾燥や殺虫剤から大切な我が子を守る殻である。

そこから赤ちゃんが何十匹も大放出される。

排水口

台所や洗濯機には排水口がある。

新築のうちには排水トラップが機能し、
侵入することは稀である。

しかし、
何年も使っているとズレたり
壊れたりしてミリ単位で隙間ができる。
そこから侵入してくる。

換気扇

台所や風呂場の換気扇も主な侵入ルート。
駆動部分なので何年も使っていると
どうしてもズレが生じてくる。

エアコン

動いていない時期の夜中に
排水ホースや室外機から侵入してくる。
秋は特に注意である。

排水ホースにはドレンキャップを、
室外機はビニール袋で覆ってしまえば
カンペキである。

床下

床下は侵入が容易なうえに、
湿気が溜まりやすく、
ゴキブリがスタンバイしやすい。

床下点検口などに隙間があると
そこから侵入してくる。

ハーブ

キャラウェイが最高。
ローズマリーやミントも効果が高い。

庭にこれらのハーブを植えると
ゴキブリを避ける効果が高い。
また百均に安いアロマオイルが売られている。

お引越し

近くの家で古い家を取り壊す
ごっそり引っ越してくる。

取り壊しが始まったら、
すぐにオルトランを撒く
自分の家はしっかりとブロックして
ゴキブリの大軍を他の家に押し付けよう。

②家のゴキブリ駆除

台所周辺をメインに、
毒エサタイプの殺虫剤を使う。

卵対策が重要

卵にも成虫にも効果が高い。

スプレーや煙で成虫を駆除しても
根絶はできない。
ノミダニ同様、卵の駆除をしなければ
いつまでたっても根絶はできないからだ。

卵は5℃以下なら20日程度で死ぬ。
しかし、
屋内でその環境をつくることはできない。
毒エサを使うしかない

巣はどこにあるか?

ヤツらは暗くて暖かい場所が大好き。
冷蔵庫・レンジ・エアコン・テレビなどの
電化製品の中や裏によくいる。

巣と言っても何かつくるわけでもなく、
群れて暮らすわけでもない。
巣は「活動拠点」にすぎない。
したがって何ヶ所もある

台所は本拠地

台所の隙間はゴキブリ天国。

ヤツらがこっそり通りそうな場所に
ブラックキャップを複数置く。

隙間は厳禁。
排水口や換気扇の隙間はパテで埋める。
シンクと壁の間の隙間は
コーキング剤で埋める。

ゴキブリを呼ぶ食材

タマネギは室温保存する野菜である。
ゴキちゃんはこの匂いが大好きである。

ビールの缶は飲んだら中をすすぐこと!
アナタもゴキブリもビールが大好きである。

揚げ油は厳禁

揚げ油を放置すると、
夜中にゴキブリがすっ飛んでくる

揚げ油をそのままにして、
夜中に台所に行けばゴキ祭りが見られる。

アシダカ軍曹

アシダカグモという大きなクモがいれば
半年くらいで全滅させて去っていく。
10cm以上の黒い巨体が
超スピードで走り去る。
家の中にいると結構怖い。

しかし、
庭にいると超頼もしい
たまに家の周りにゴキの死骸がある。
体液を吸われて抜け殻のような死骸。
軍曹が侵入を撃退してくれた証拠だ。

煙やスプレー

まず思いつくのはキンチョールとか
バルサンである。
たしかに即効性はある

しかし、
これらは直接当たらないと効果がない。
卵や奥に隠れているゴキには
まったく効かない。
外からの侵入ブロックもできない。

また、
奥にいる成虫に命中したところで、
卵を放出されるから根絶はできない。
気休め程度だと思っておこう。

簡単な駆除方法

いちいち目張りしたり、
マメにスプレーするのは面倒くさい。
そこで季節に一回くらいの対策で
長くそこそこの効果がある方法がある。

①オルトラン+②ブラックキャップだ。

①オルトランで侵入阻止

ホームセンターに「オルトラン」という
家庭菜園や園芸用の粒状殺虫剤がある。
1kg1000円くらい。
安くて大量に手に入る。

季節に1回くらい、
家の周りや侵入しそうな場所に
パラパラと撒けばOK!

夏は月イチで撒けばより効果が高い。

これでかなり侵入を防げる。
巨大な黒ゴキブリに効果が高い

②ブラックキャップ

次に家の中のゴキを殺滅する。
卵まで駆除しないと意味なし。

置き餌式殺虫剤(毒エサ)を使う。
「ブラックキャップ」という商品名だ。
スーパーでもどこでも売っている。

食べたゴキブリ体内の卵も死ぬ。
その死骸やフンを食べた仲間も死ぬ。
巣を全滅させることができる。

半年くらい効果が持続するので、
置いておくだけでかなり駆除できる。

仕掛ける場所がキモ。
良い場所に仕掛ければ半年で根絶も可能。

節電の夏
ブラックキャップとは? 毒エサタイプの駆除剤である。 ゴキブリが死骸やフンを食べる性質を 利用して殺滅する。 主成分はフィプロニルで、 プロもよく使う。  ①食べたゴキと卵が死ぬ。  ②死骸やフ...


コメント

error:Content is protected !!