意外な魚がいた!

マグロの完全養殖

完全養殖とは、3世代の養殖である。
同じ施設内で受精した卵が成熟し、
また産卵すること。

乱獲により、
クロマグロは激減しており、
諸外国から漁業規制の圧力が強い。

その問題を解決する完全養殖とは?

近大マグロ

 1970年 研究開始
 1979年 産卵・孵化
 2002年 完全養殖成功

産卵・孵化は比較的容易で、
1979年に成功していた。
それから完全養殖マグロが
市場に出たのが2004年。

稚魚の生存率が極端に低く、
産卵成功から32年かかった。

完全養殖成功の後

 2004年 初めて市場に出る
 2008年 配合飼料の開発
 2014年 大量生産開始
 2017年 海外輸出

長期化した理由

稚魚がすぐ死ぬ上に
共食いする。

さらに、
マグロは泳ぎ続けることで
エラを通る海水で呼吸する。
泳ぎが止まっても死ぬし、
壁にぶつかっても死ぬ。

これらをクリアするのに
時間がかかった。

蓄養との違い

蓄養では100~500gの幼魚を
海洋で捕獲し、
2~3年かけて50~60kgに
育てて出荷する。

蓄養は完全養殖よりコストが安い。
しかし、
蓄養だと天然資源の保護にならない。

味は?

充分に美味しい。
赤みがトロのようになるので
全身トロともいえる。

天然モノと比べて香りが弱い。
脂がややしつこく口に残り、
身の締りがユルい。
蓄養マグロとは大差ない。

ただし、
天然クロマグロを
食べ慣れている人でなければ
気にならないレベル。

他は?

岡山理科大学、マルハニチロ、
極洋、日本水産などが
完全養殖に成功している。

思ったほど見ない

テレビなどで話題になる割には、
スーパーではまず見かけない。

なぜか?

現在の量産化技術では
まだまだコストがかかるため
価格が高い。
100gで1000円以上するので、
デパ地下の高級鮮魚コーナーで
わずかに売れるだけ。

まだ課題は山積み

現在の完全養殖は
まだ完成とはほど遠い。
蓄養よりはるかにコストがかかる。

稚魚の生存率は3%に過ぎない。
ここが最大の課題であるが、
養殖技術が飛躍的に向上する見込みは
まだない。

日本人1人あたり、
年間30kgの水産物を消費し、
その額は5万円ほどである。

水産物の価格上昇により、
購入額が上昇している。
養殖技術が確立されれば
市場価格が下がるので
購買意欲が上がるだろう。



コメント

error:Content is protected !!