子供に夢を与える職業

yumewo1

yumewo2

yumewo3

yumewo4



シミュレーション

ファールされてないのに、
されたフリをすること。
中には本当に怪我をしている場合もあるが、
ほとんどはオーバーアクションである。
痛くもないのに痛がっている姿は、痛々しい。

バレれば自分が反則をとられるが、
バレなければ相手にダメージを与えられる。

審判を騙して相手チームに
不利になるようにするのが目的である。

セットプレー

審判が騙されてファールとすれば
セットプレーがもらえる。

相手エリアでのセットプレーは
得点のチャンスになることが多い。

特に、
ペナルティエリア内では
PKを得られるので、
相手チームに大打撃となる。

イエローカード

例え演技でも、審判が騙されれば
イエローカード(警告)や
レッドカード(退場)が出される。

イエロー1枚ではプレーを続けられるが、
2枚目で退場である。
累積すれば次の試合に出られない。
心理的な効果は大きい。

時間稼ぎ

ゲーム終了間際に、
勝っているチームの選手がやたら転ぶ。

転んだり痛がってプレーを中断させれば
20~30秒稼ぐことができるからだ。

担架

あまり長く痛がっていると担架が運ばれてくる。
担架がきたら一旦外に出なければならない。

そのため、
担架が来そうな気配を感じると、
急に立ち上がり始める。

マリーシア

ずる賢さを意味する。
サッカーの試合での様々な駆け引きを指す。
時間を稼いだり、ファウルを受けたフリをしたり、
審判の見ていないところでファールをしたり。

紳士的ではないので、
こういった行為を嫌う選手もいる。

やる選手とやらない選手の差が激しい。
中東や南米にやる選手が多い。
イングランドでは嫌悪されているので、
やらない選手が多い。

チャージとファール

激しく当たっても、
ボールに絡んでいればチャージとなり、
反則ではない。

相手に危害が加わるようなら
ファールである。

この判断は審判のフィーリングで決まる。
同じプレーでも審判や地域が変われば
反則になったり、ならなかったりする。

例えば、
日本では相手をふっとばせば
ファールになることが多い。
しかしイングランドでは、
倒された方が悪いと判断され、
あまりファールにならない。

ズルい選手は、それを利用する
バロンドール賞を逃して
コロンドール賞を受賞する勢いのネイマールは、
特にひどい。

error: Content is protected !!