【メリットデメリット】3パターン「二世帯住宅とは」完全分離型がいい?

いろいろあったのよw

二世帯住宅とは?

「親世帯と子世帯が同居」する住宅である。

①完全同居型
②部分同居型
③完全分離型

どのスタイルを選んでも、
共通のメリット・デメリットは存在する。

二世帯住宅は売れない

貸すにも、売るのも困る。

買い手が少ないうえ、
二世帯住宅の中古物件は
ものすごく数が多い。

完全・部分同居型だと、
買い手はまずつかない。

完全分離型ならば
買い手がつく場合もあるが、
買い叩かれるであろう。

離婚した場合

同居が原因での離婚は多々ある。
土地と建物の所有権が
単独でないと解決に時間がかかる。

権利関係が複雑なので
財産分与が面倒。
土地は親名義で子供が複数いると
遺産相続でモメる。

1階部分を親が、
2階部分を若夫婦がローンを組んでいて、
支払い途中で奥さんが
「払った分を返せ」と言ってきたら、
もう専門家でないと解決できない。

さらに子供がいれば、
養育費やら親権やら……気が遠くなる。

親権は通常なら母親であるが、
子供が中学生以上とか、
夫の母親が元気だったりすると
どちらに転ぶがわからない。

共通のメリット

○金銭面
○相続税の優遇
○子供を預けやすい
○子供の情操教育
○親の面倒を見やすい
○近くにいる安心感
○楽しい大家族、かも

子育ては親世帯に助けてもらい、
介護・通院は子世帯に助けてもらう、
というギブ&テイクになる。

この他に、①②③固有の
メリットデメリットがある。

複数あるメリットなど、
精神的なデメリット1つで
吹き飛んでしまうことが多々ある。

①完全同居型

寝室以外をすべて共用とするスタイル。
(サザエさん・ちびまる子ちゃん一家)
育児介護・留守番・家事の3つを
協力する関係。

○土地・建築コストを節約できる
○大家族の一体感を味わえる
○セキュリティに強い
×嫁姑問題が発生しやすい
×キッチンでトラブルが多い
×家事分担
×外出で気を使う
×買い物で気を使う
×友人・来客が来なくなる
×生活時間帯のズレ・音
×売却しにくい

メリットは大きい

共働き夫婦であれば、
親が掃除、食事の用意や
子供の世話をしてくれるのは
大変ありがたい。

共働きだけど経済力がない場合、
特に有力な選択肢になる。

デメリットも大きい

はじめは小さな不満でも
積もり積もって大きな不満になる。
良かれと思ってやったことが
裏目に出ることも。

ジジババ世帯の部分は、
いずれ無駄な部分になる。

②部分同居型

バストイレキッチンなどの水回りや、
寝室個室を階で分けるスタイル。
育児介護・留守番の2つを
協力する関係。

○適度にプライバシーを確保
○土地代の節約
×建築費はそこまで安くない
×親が死んだら設備が無駄に
×生活時間帯のズレ・音
×売却しにくい

生活時間帯のズレ

ジジババは早寝早起きである。
若い夫婦は夜型の生活になりがち。

ジジババ「なかなか眠れない」
夫婦子供「テレビ見にくい」

③完全分離型

マンションの隣同士のように、
完全に別の世帯として暮らすスタイル。
育児介護のみ協力する関係。

○プライバシーを守れる
○土地代の節約
○売却できる場合も
×建築コストは2軒分かかる

完全分離型であれば、
二世帯住宅のデメリットはほとんどない。

メリット⇒デメリットに

メリットがデメリットに
変換されていく場合もある。

子供の世話と見てもらえる
⇒育児に口を出される
⇒教育方針に口を出される、など。

年数がたつにつれて、
小さなことでも徐々に
ストレスが大きくなってくる。

2つのポイント

それらを防ぐには、
2つのポイントがある。

・子供の教育
・家事の仕方

この2点には決して口を出さない、と
はじめにビシッと決めておくことが重要。



コメント

error:Content is protected !!