なぜ戦争したがるのか?

amewar1

amewar2

amewar3

amewar4

すべては、カネのため

日本は公共事業で、
アメリカは戦争で経済を回している。

日本が道路建設をやめないのと
アメリカが戦争をやめないのは
同じ理屈である。

景気が悪くなると、戦争で景気回復。
世界恐慌は世界大戦で回復。
大義名分を無理やりつくって
無理やり攻め込む。

次のターゲットは北朝鮮か?

軍需産業

アメリカ最大の産業であり、
数多くの巨大企業がある。
日本でいえば、
自動車や家電メーカーくらい
重要な産業である。

グループ会社の従業員や兵士など
数百万人が戦争で生計を立てている。

世界が平和になってしまえば
数百万人が失業者で溢れてしまう。

定期的な戦争は仕事であり、
政府の義務でもある。

他国の血で自国の民を養うのだ。
独裁政治より民主主義の方が平和、
などと勘違いしてはいけない。

小さな戦争を定期的に

武器弾薬を何年も眠らせるワケには
いかない。
在庫消化しないと廃棄になる。

生産計画が狂い、深刻な不況になる。
そのサイクルは15年と言われている。

つまり、
在庫を使い切らなくてはならない。
小さな戦争を定期的にするのは、
不良在庫消化の意味合いが強い。

世界の警察w

在庫消化が目的なので、
はじめから本気で戦うつもりはない。

だからアメリカ軍兵士はあまり投入しない。
現地の国に買わせて、
現地の兵士に戦わせる。

または、
日本などにカネを出させて、
現地に無料で武器を配って支援する。
現地人の解放を大義名分にすれば
カネを集めやすい。

アメリカはパフォーマンスだけ。
遠くからの爆撃メイン。

たとえば、
ダーイシュ(イスラム国)との戦争では
クルド人に戦わせた。

育てて、潰す

もともとフセインもビンラディンも、
オイルマネーのためにアメリカが育てた。

少しでも逆らえば消して
次のカネヅルを育てる。

湾岸戦争

フセイン「石油はユーロで決裁する」
アメリカ「……戦争だ」
フセイン「え?」
アメリカ「大量破壊兵器持ってるだろ」
フセイン「持ってないって!」
アメリカ「戦争だー!!」
フセイン「ちょっと待ってー」

ドルが基軸通貨でなくなってしまうような
ことをフセインが言ったので消された。

イラクの大量破壊兵器を放棄させるとの
大義名分であったが、見つからなかった。

シリア内戦

アメリカ「化学兵器もってるだろ」
 アサド「持ってないって」
アメリカ「証拠を得た」
 アサド「じゃあ出してみろ」
アメリカ「出さんでもあるんじゃー!」
 アサド「え?」
アメリカ「戦争だー!!」
 アサド「ちょっと待ってー」

シリア・イランを支配下に置き、
中東での石油の覇権を手に入れる。
中国をけん制するのも目的の1つ。

なぜ北朝鮮を放置?

あの地域を侵略してもカネにならない。
資源も産業もない国だから。

アメリカにとって旨味がない。

中国ロシアにとっては資本主義勢力との
クッション的存在。

日本にとって朝鮮半島は
共産主義勢力とのクッション的存在。

そのまま放置がイチバンの状態。

北朝鮮に攻め込む可能性は?

金豚が消される可能性は、ある。

ダーイシュ(イスラム国)との戦争が終わって
しばらくたつ。
そろそろ次の戦争の仕込みが必要だ。

北朝鮮と戦争すれば
共産圏(中国ロシア)への牽制になる。
日本には基地もあるし、
魔法の財布という旨味もある。

調子に乗って核の脅威を誇示して
アメリカを刺激すると……

世界編
管理人をフォローする
シンプルよんこま


コメント

error:Content is protected !!