すげぇ儲かるサイト発見!

ハローワーク

ハロワ=半分以上ブラック企業と考えてよい。
就職後「求人票と違う!」
……そんなことはザラ。
だが、チェックするコツがある。

なぜウソの求人ばかりなの?

 ハロワ「ウソの労働条件など1つもない!」
なぜなら[目安]を示しているだけだから。
ハロワの情報は
不特定多数が閲覧可能な目安に過ぎない。

労働基準法では労働条件を
個人に明示することと定められている。
それは、面接で行われることになっている。

目安である以上、ハロワに法的な責任はない。
面接で確認しないヤツが悪いのだ、
という理屈らしい。

面接でも明示されてないけど?

明示は口頭でもOK。
言っていない証拠がなければ、
言った言わないの論争で終わり。

一年中求人を出している

ブラック企業の基本中の基本
すぐに辞めるので常に募集中である。

年間休日

年間休日の平均は120日。
土日祝・盆・正月をカレンダー通りに
休むと120日になる。

年間の休日が120日以下はブラック臭が漂う。

労働時間

フレックス・裁量労働制=ブラック。
サービス残業をごまかすためのもの。

給与の幅

ブラック企業は高給をエサにして
使い捨ての人材を集める。

145000~270000円など、
頑張ったらたくさんもらえると思わせて
最低の額になるのがほとんど。

ユルい条件

学歴不問・未経験者歓迎=ブラック。

すぐ辞めるので人を選んでられない。
辞めてもまた募集すればいいと
使い捨てにする気マンマン。

大量採用

企業全体人数÷100よりも
採用人数が多いとブラックくさい。
大量採用で1人残ればいいという考え方。

ホワイトな募集は短期間で少人数である。
すぐに埋まるし、なかなか辞めない。

試用期間6ヶ月

一般的には3ヶ月である。
クビを切りやすくするためだったり、
試用期間中に安く働かせて
使い捨てで回転させる気マンマン。

役員の名前

会社の役員がみな同じ名字だと同族経営。
社内ルールがコロコロ変わったり、
意味不明な習慣があったりする。

 「親族にあらざれば人にあらず」
同族経営=ブラックと考えて
ほぼ間違いない。

ホワイト企業の見分け方

ネットでクチコミなどを調べるのは当然として、
求人票ではわからない部分は行動するしかない。

・実際に見に行く
・客のフリして電話で問い合わせる

これで雰囲気が悪ければブラックと考える。

ブラックな求人
には特徴がある。

新しい営業所

全国規模の会社が新しい営業所をつくる。
事業拡大のために人材を募集する。
その場合はホワイトかもしれない。
ただし、
そういった募集はスキルの高い中年とか、
若くて経験者などの即戦力でないと採用されない。

エンタメ編
管理人をフォローする
シンプルよんこま


コメント

error:Content is protected !!