【ニート養成所】進路8つ「音大卒業後」就職仕事給料は?

好きな人がデキました。

8つの進路。

音大は夢を追う場所であると同時に、
「夢を諦める場所」でもある。

演奏家・音楽教師・音楽系企業
・一般企業・音楽講師+フリーター
・進学・ニート・永久就職……

安定した仕事に就けるのは
卒業生の30~40%が目安。
一般的な大学なら60~80%なので、
就職にはめっぽう弱い。

①オーケストラ・音楽隊


NHKなどの〇〇交響楽団、
大阪などの〇〇フィルハーモニー楽団、
他に〇〇管弦楽団、〇〇合奏団など。
キー局の女子アナや
プロスポーツ選手くらいの狭き門だ。

音楽隊では、
自衛隊・警察・消防音楽隊etc.がある。
採用後の配属次第なので、
確実に音楽隊員になれるわけではない。

②音楽教師


私立または公立の中学・高校・
専門学校・短大・大学で
音楽を教える。

給料も良く、安定しているが
募集は少ない。

③音楽系企業


ヤマハなどの楽器メーカー、
楽譜や音楽雑誌の出版社、
レコード会社や楽器店など。

音大卒でなくとも採用される。

④一般企業


音大生は学力が低めなので、
総合職・研究職・専門職では
あまり需要がない。

ただし、
事務職や飲食・小売り・サービス業は
「新卒の女のコ」というだけで
需要はある。
現実的には一般事務が多い。

⑤音楽講師・フリーター


〇〇音楽教室の講師になる……
これはフリーターの一種である。
自立できる報酬は得られないので
親か夫などの寄生先が必要だ。

本当のフリーターになる者も多い。
音楽関係の仕事が得られず、
かといって正規の職業も決まらない……
その層がとりあえずバイトで食いつなぐ。

⑥大学院・留学


本来ならば、
トップクラスの学生だけに
許される進学先である。

しかし実際は、
就職からの現実逃避先になっており、
金持ちのお嬢様以外には
その後厳しい現実が待っている。

⑦ニート

就職先は決まらないが、
音楽関係以外で働く気もない。
俗にいう「夢追いニート」に
なってしまう。

一般的な学部に比べて、
音大は夢追いニートが極端に多い。
「ニート養成所」と言われる所以だ。

【末路は悲惨】フリーターとは「max年収240万」就職せず夢追い?
プーさん アルバイトは「学生が」やるもの お金というよりは、社会勉強を兼ねてするもの。 あくまでも「ついで」にやるもの。 フリーターなる言葉は、 15~34歳の若者が対象である。 常勤ではなく、ア...

⑧永久就職


有力な親のコネでお見合いすれば
負け組から一気に勝ち組へ。

ニートだってエリート君と合体すれば、
「主婦ニート」に進化できる。
ポケモンの進化もビックリな
人生大逆転である。

①オーケストラ・音楽隊

音楽家として活躍する……
(ピアニスト・声楽家・オーケストラetc.)
ほとんど仕事はなさそうに思えるが、
実際は違う。

ほとんどないではなく、全然ない。

プロオーケストラ

0.01%(1万人に1人)の天才以外は
「用無し」の業界である。

なぜ音楽家になりたいのか?
音楽が好きだから?
それは理由にならない。

好きなことを仕事にできるのは
「天才だけ」である。
20歳までに頭角を表していなければ、
もう望みはないと思っていい。

オーケストラ年収(目安)


N響、読売、都響……800万
名フィル・日フィル、山響……400万
関西フィル、千葉フィル……200万

NHK交響楽団・読売日本交響楽団
・東京都交響楽団の3つは
強力なスポンサーがおり給料が良い。
名フィル・日フィル、山響なら
メシは食える。
「プロの音楽家」を名乗れるのはここまで。

上位の音大で首席レベルならば、
わずかな可能性がある。

毎年10名以下

毎年の新規採用は
オーケストラ界全体で10名もいない。
その極わずかな枠に、
英才教育を受けた者たちが殺到する。

オーディションでの採用は、
倍率でいえば1000倍程度に
相当する難易度が目安。
もはや「運」の世界……

ほぼ全員が書類・CDでゴミ除去されるので
オーディションすら受けられない。
ちなみに年齢制限がないので
夢追いのオジサン・オバサンも多数いる。
その人たちにも勝たなくてはならない。

試用期間


オーディションに通ったら、
もう安泰……ではない。
次は「試用期間」だ。
演奏したこともない新曲が
次から次へと押し寄せてくる。

団員全員が目を光らせている。
試用期間でボロを出してしまえば、
正団員になれない。
死にもの狂いでやらないといけない。

音楽家(個人)


フリーで活躍する音楽家もいる。

月によって演奏の収入が多かったり、
レッスンでの収入が多かったりして
安定はしない。
取引先や就業形態の変化が激しく、
人数や収入の把握は不可能。

フリーの演奏家……
そういえばカッコいいが、
ほとんどは自称音楽家の無職である。

音楽隊


自衛隊・警察・消防などに音楽隊がある。
公務員なので安定した収入が見込める。

ただし、
音大以外の楽器が達者な者も候補である。
本人の適性や希望を考慮されるものの、
入隊した後に「指名」されるものである。
音楽隊の活動は、通常業務と並行して行う。

つまり、
最初から狙ってなれるものではないし、
音楽だけやっていればいいわけでもない。

②音楽教師

音大卒ではもっとも堅い進路であり、
世間体は抜群に良い。
収入面でも最上級の部類である。

が、不景気の世の中なので
安定職である音楽教師は人気があり
競争率10倍以上の狭き門である。

音楽教師

教師になれば音楽に興味ない子供を
一日中指導するハメになる。

一般人に重要なのは主要5科目のみ。
オレも音楽の成績なんか
どうでもよかったからずっと騒いでた。

教職免許


(https://written.4403.biz/images/091030_cert02.jpgより引用)
教職免許を持っていると、
非常勤講師・常勤講師で食い繋げる。

また、
企業の書類選考・面接でも心証が良い。
「学生と関わるのが好き」
「教えるのが好き」
コミュニケーション能力・プレゼン能力を
うまくPRできれば武器になる。

時間を奪われる

実技をする時間を削られるが、
一般企業は実技の成績など全く関係ない。
教員免許をとる勤勉さの方が評価される。

99.99%の凡才学生や
安定した職業に就きたい学生は、
とっておいて損はない。

教師は余る


少子化や学校の統廃合で
現職すら余り気味である。
音楽教師は普通の学校なら1人、
大きな学校でもせいぜい2人。

そのため募集は極めて少なく、
しかもなかなか辞めない。
田舎の非常勤にありつけたら
上出来といった具合である。

学費の問題


東京の私大で教職免許をとるのと、
田舎の国立大教育学部でとるのでは、
一人暮らしの生活費まで含めれば、
4年間で1000万円程度の差が
出ると思われる。

一般家庭出身者が私立音大に進学して
音楽教師では親が可哀そう。

③音楽系企業

音楽業界は市場規模が小さく、
企業の数も募集も少ない。
あっても中小や非正規メイン。

「音楽に関わる仕事なら何でもいい」
だったら音大である必要はないので、
学費が安い普通の大学に進むべきだ。

楽器メーカー

ヤマハあたりの大手一流企業は
難関大学でも普通に落とされる。
楽器メーカー従業員のほとんどは、
営業・事務・製造である。
音大からの就職はまず無理。

楽器屋・楽譜屋

音大での経験は無駄にならないが、
音大出身者でなくとも就職できる。

客はド素人が多い。
ヘンなヤツやゴミ客の相手もする。
あくまでも小売業の店員なので、
音楽家ではなく社会人としての自覚が必要。

音楽コンテンツ

スマホ関連などのコンテンツビジネスで
ニッチな産業は探せば意外とある。

「クラシックじゃなきゃヤだ」
「電子音は邪道」
安っぽいプライドがない学生ならば
就職口は意外とあるものだ。

ゲーム会社


音楽以上にゲームが好きでないと
やってられない。
夜中まで働くなんてザラで、
給料は極めて安い業界だからだ。

音大だから有利ということはない。
自分の作品をいくつも持っているような
専門学校生も強力なライバルとなる。

音大からは少数派


ドラゴンクエストはクラシックを
昇華してゲーム音楽の覇権をとったが、
どちらかといえば、少数派。
クラシックとは別の才能が必要だ。

昭和時代のファミコンとは違い、
最近のゲーム音楽は洗練されている。
子供の頃からゲーム音楽志望かつ、
ゲームオタクでないと厳しい。

④一般企業

「新卒の大学生」という時点で、
就職先はある。
音大でも一般の大学でも同じだ。

にもかかわらず、
音楽と無関係の仕事に就くのは
30%前後である。

なぜか?

就職活動しない

音大では大学院・留学・演奏家以外は、
教師・講師・会社員であっても
「脱落者」とみなされる。

「会社員⇒カッコ悪い⇒負け組」
音大ではそんな風潮がある。
天才が会社員を見下すのは仕方ないが、
凡才までこんなカン違いをしている。

音大生の30%が一般企業に就職するのは、
70%が音楽関係の仕事だからではない。
半数以上がマジメに就職活動すら
していないからだ。

なぜか?

甘えている


音楽と全然関係ない職種から、
「ヤル気」が出ない。

箸にも棒にも引っかからない、
一生懸命就職活動してダメだった、
ではない。
「ヤル気が出ないから行動しない」という
甘えた学生ばかりだからである。

【普通の人でいいのに】=欠点0男性「売れ残り女性」結婚相手に理想高すぎ
永遠に見つからない理由 普通の男性とは? 売れ残り女性の言う「普通の人」は、 「何一つ欠点のない男性」のことである。 ルックス・コミュ力・収入…… 3つとも平均以上なのは3人に1人もいない。 そん...

間違った価値観


一般社会では、
「自立しているかどうか」がすべて。

職種なんて、一切関係ない。
フリーの演奏家でも、音楽講師でも、
たとえオーケストラの正団員でも、
年収200万円なら自立できない。
「負け組」と判断される。

大きな不利はない

新卒の大学生なら就職口はある。
音大生だから不利なのではなく、
「本気」で活動していないだけだ。

イヤイヤ活動している、
ラクで定時の仕事がいい、
ゆくゆくは専業主婦に……
そんなカスばっかりだから、
音大生の就職が悪いだけ。

安っぽいプライドを捨てて、
「行動」せよ。

【悲惨な末路】女子大生「時間がない!!」30代売れ残り女性
売れない理由 選んでたら相手はいない! 「あっ!」という間に30歳…… 結婚相手を選べるのは大学卒業まで。 社会人になってから選んでいると、 ほぼ確実に「売れ残り」になる。 この記事は男性陣から賛...

独自の対策は必要


一般的な学部でバイトや遊びに
明け暮れている学生は、
それが同時に社会勉強や人生勉強になる。
コミュニケーション力を鍛えられ、
面接ではエピソードが豊富である。

オレもコンビニやファストフード店での
商品管理やゴミ客の接客対応など、
バイト経験は一生役に立っている。

音大というお上品な世界しか知らないと
店舗の激務やキチガイを知らずに過ごす。
自己PRの話題が限定されがちで
面接でのパフォーマンスが落ちやすい。
音楽活動でのエピソードを練り直し、
より入念に面接対策したい。

音大生の特徴

【優れる】
粘り強さ・根気良さ・礼儀・集中力

【劣る】
行動力・神経質・論理的思考・自己評価高すぎ

使いにくい


体育会系は性格がカラッとしており、
バカだけどタフ、そして素直。
総じて使いやすい傾向にある。


芸術系は性格がネットリしており、
お利口さんだけどプライドが高い印象。
体育会系より使いにくい傾向がある。


過去に打楽器系のオバチャン(白豚)と
一緒に仕事をしたことがあるが、
些細なミスで機嫌悪くなって最悪だった。
個人的には球技の団体競技経験者がベスト。
お互いにカバーする習慣が染みついており、
チームで仕事がしやすい。

クセ者が多い


芸術系は浮世離れしているのが多い。
卒業後も音楽活動は継続したいので、
「会社員はやりたくない」が本音だ。

「会社員はカッコ悪い」
実力もないのに理想だけ高いのも多い。
そういう点は営業職経験者の面接官には
「一瞬」で見抜かれるだろう。

忙しい


レッスンに授業にコンテスト……
バイトすらする時間がないのが普通。

就職活動全盛期には、
音楽活動も全盛期となる。
学内イベントや卒業に向けての
演奏会で忙しく、
就職活動どころではない。

そのため、
大学自体も一般企業への就職を
ヨシとしない雰囲気がある。
よけいに就職活動のヤル気が出ない。

大学の支援なし

一般の大学に比べて、
セミナーや就職支援が極端に弱い。
就職に関する情報も少なく、
張り出される求人も少ない。

自分から積極的に動く必要がある。
自ら考え、自ら行動せよ。

面接

学歴が音大卒なら珍獣扱いであり、
「なぜ音楽をやめて弊社を?」
必ず聞かれる。

考えようによっては、
来る質問の方向性が決まっているので
対応しやすいともいえる。

ただし、
いつ変化球が飛んでくるかわからない。
質問への対策は一般学生よりも
入念にやる必要がある。

https://iirou.com/himatubusi/

公務員


音大生は公務員になれない、
とまで言わないが……

会社員を「絶対」にやりたくない
経済学部・法学部の連中が
予備校に通って死にもの狂いで
挑んでくる。
たぶん勝てない。

⑤音楽教室・フリーター

働く意思は持っているが、
親か夫に寄生しないとやっていけない部類。

親のスネかじりつつ講師を続け夢を追う……
主婦しながら音楽講師して遊んで暮らす……
そんなケースが多い。

時間はある

音楽教室の講師やフリーターは、
「正規雇用で漏れた人」とのイメージだが、
カネが無いかわりに「時間」がある。
つまり、
自身の音楽活動をする時間に恵まれている。
「夢追い」にはもっとも適したスタイルだ。

音楽教室(講師)


ヤマハやカワイなどの音楽教室で働くと、
グレード〇級という試験がある。
そのグレードを取るためにも、
カネが必要となる。
ヘタすると出費が収入を上回る。

おまけに正社員ではなく、
給料は完全歩合制。
手取りで「ひとケタ」が普通。

楽器講師と言えば聞こえはいいが、
実態は単なる貧乏フリーターである。
多くの講師は、
数年勤めて独立していく。

ちなみに、
音楽教室の講師程度なら、
そもそも音大卒である必要がない。
普通の大学出身者も大勢いる。

自分で音楽教室

雇われ講師だと月謝の半分以上を
ピンハネされて極貧生活だが、
自分でやれば「全部」自分のモノ……

ただし、
モデルハウス顔負けの家が必要だ。
音響や防音に優れた大きな家。
そんな金持ち父さんを持っているか、
リッチマンと結婚する必要がある。

収入(目安)


生徒が20名もいる音楽教室は、
「大成功」の部類に入る。
月謝1万円×生徒20名=20万円

ここから家賃・税金・諸経費が引かれる。
月収(手取り)は12万くらいになるだろう。

しかし、
ほとんどは手取り5~6万円が現実。

独身は避けられる

独身のセンセーは結婚で突然教室閉鎖や、
子供ができて長期の休みをとったり……
「本気」の親からは敬遠される。

長く通わせられないピアノ教室なんて、
ゴミでしかない。

⑥進学⑦ニート⑧永久就職

この3つの進路は、
「天才・金持ち」だけに許された道だ。
凡才がやると現実逃避でしかない。

⑥大学院


「大学院進学」といえば聞こえはいいが
トップクラスの学生以外は、
就職から逃げただけ。

文系で大学院に進む以上に危険……

【末路は悲惨】35歳就職ない「博士課程とは」ポスドク問題と給料
末は博士か大臣か 博士課程=ニート養成所。 研究・開発職に就きたければ 大学院で修士課程を出ないと難しい。 だが軽い気持ちで、 博士課程に進学してはならない!! 進むなら、「覚悟」を決めること。 ...

留学

日本はクラシック音楽の文化に乏しいので、
上位0.01%の天才なら留学は必須。

ところが芸大落ちが留学によって
海外で逆転を狙うケースが多い。
旧帝大落ちで東京理科大に進み、
東大院で学歴ロンダするようなものか。

天才以外は意味なし


「諦めたらそこで人生終了」
「自分には才能があるはず」
「開花していないだけ」

本場の空気を吸うだけで
「才能が開花する」と勘違いしまうが、
日本で勝てない者は、
本場ではもっと勝てない。

語学遊学して日常英語喋るだけで
難関大学卒並みの扱いを受けたがる……
そんな留学バカ女はウジャウジャいるが、
箸にも棒にも引っかからないのと同じ。

環境を変えて再チャレンジもわかるが、
人生は諦めも肝心だ。

⑦ニート


本物のお嬢様であれば、
親の経済力で家事手伝いという名の
ニート生活を謳歌することも可能。

ただし、
ニートで売れ残ったら絶望的だ。
時間は、ない。
ソッコーで永久就職するのが吉。

【悲惨な末路】女子大生「時間がない!!」30代売れ残り女性
売れない理由 選んでたら相手はいない! 「あっ!」という間に30歳…… 結婚相手を選べるのは大学卒業まで。 社会人になってから選んでいると、 ほぼ確実に「売れ残り」になる。 この記事は男性陣から賛...

⑧永久就職


本物のお嬢様の家庭であれば
親が様々なコネクションを持っており、
エリート君との縁談をもってくる。

ただし本人は無能なのに
親の力で贅沢だけ覚えて育った女が
一番タチが悪い。

フツーのオトコは芸術系女は避け、
会社員の女にしておいた方がいい。
「仕事の大変さ」をわかっているから
結婚後もうまくいきやすい。

【普通の人でいいのに】=欠点0男性「売れ残り女性」結婚相手に理想高すぎ
永遠に見つからない理由 普通の男性とは? 売れ残り女性の言う「普通の人」は、 「何一つ欠点のない男性」のことである。 ルックス・コミュ力・収入…… 3つとも平均以上なのは3人に1人もいない。 そん...

入学難易度(目安)

A:東京芸大
B:国公立3校(愛知・京都・沖縄)
C:桐朋・東京音・昭和音・国立音
D:その他私立音大

※科や指導者は考慮しない。

入学難易度≠音大ランク

音大のランクは、科ごとに異なる。
しかも、
「トップの学生と指導者だけ」で決まる。
ゆえに、大学別でランキングは不可能。

決まり方が違う


一般大学のランクは
学生「全体」の偏差値で決まる。
母数が大きいので安定したデータとなる。

いっぽう、
音大の場合は学生のうち99%が
「学費を納めるだけ」の存在である。
上位1%以外はランクに無関係であり、
母数が小さすぎて統計がとれない。

大学ごとに得意な科が異なる上に、
指導者の移籍などで経年変化が激しい。
ランキングのような単純化はできない。

【大学ランク7段階】大学の「学歴フィルタ一覧」一流企業はmarch関関同立がボーダー
学歴とは何か 大学ランクと学歴フィルタ 「新卒」という資格…… 大学はそれをとるため「だけ」の施設である。 S 旧帝大医学部 A 東京一工 B 早慶上理・国立上位 C マーチ関関同立・国立中位 ...

私立音大が乱立


一般の大学はバカを大量に入れると
大学ランクも下がってしまうので
キッチリ落とす。

しかし、音大の場合は違う。
ヘタクソを大量に入れても
大学ランクに影響しない。
もはや学生の取り合いであり、
不合格者は必要最小限しか出さない。

ゆえに、
100人に1人しか落ちないという
信じられない現象が多発する。

東高西低

冬の天気図とは逆で、
「東高西低」の配置である。

上位の音大は、
小さな頃から個人レッスンで
大金をつぎ込んでいる。
小金持ち程度なら親も人生を賭けている。

音楽では食えない


東京芸大ですら、
音楽だけで食っていけるのは少数。
マトモな収入が得られるような
プロオーケストラは年に1人くらいだ。

下位の大学(武蔵野など)は、
人数が多いのでトップ層は音楽関係の
仕事に就ける者はいるが……
ほとんどは不本意な就職先となる。

「就職活動にチカラを入れている」
これをウリにしている時点で
察しがつくはず。

上位校と下位校

4年間の学費・諸経費は
私立なら1000万円程度、
国公立なら400万円程度が目安。

田舎者なら一人暮らしで
プラス500万円程度が加算される。

上位校


リッチマンなパパのもとで
数千万円をかけて英才教育を受けた
「本物のお嬢様」も多い。
彼女らはそもそも卒業後に
「働く」ことを考えていない。
生まれつきの勝ち組なのである。

就職活動する時点で「負け組」。
プロまたはエリート君の嫁が勝ち組。

人生は「親」で決まるのだ。
有力な親の元に産まれる……
これ以上の才能は存在しない。

無職でもOK


リッチマンなパパが
政治家・青年実業家・旧帝大医などの
エリート君との縁談を持ってくる。
彼らは育ちの良いお嬢様に
自分の専業主婦になってもらいたい。

バカ大学出身の貧乏人のコではダメ。
自分も経験してきたお受験などの
子育てを任せられる家庭出身でないと
相手にされない。

下位校

「音楽がやりたい」ではなく、
「勉強から逃げただけ」の学生も多い。

数百人受けて、不合格者は数人……
学費だけ納めてくれればいいから、
不合格者は極力出さない。

音大の男


カネモチの親に甘やかされて育ち、
神経質でヤワな反面、
プライドだけ高いのが多い。

スポーツで人と争うことから逃げてきた。
そのツケは大人になって回ってくる。
男は争ってナンボ、
勝ってナンボなのである。

フリーター音楽講師
「ボクは子供は教えない」

まとめ

「人と違った生き方はしんどいぞ」
名言である。

音大は「夢を追う場所」でも
「諦める場所」でもある。
夢を追っていいのは、
天才とお嬢様だけ……
その判断を誤れば人生を棒に振る。

そもそも、
一般的な学部を出たとしても、
大学で学んだことを生かせる仕事に
就ける者はわずかしかいない。

大学卒のほとんど全員が、
「学部と関係ない仕事」をしている。
「希望とは違った仕事」をしている。
凡人には、それが標準だからだ。
音大生が音楽関係の仕事に就けないのも、
当たり前の現象なのである。

音大と博士課程はとても似ている。

【末路は悲惨】35歳就職ない「博士課程とは」ポスドク問題と給料
末は博士か大臣か 博士課程=ニート養成所。 研究・開発職に就きたければ 大学院で修士課程を出ないと難しい。 だが軽い気持ちで、 博士課程に進学してはならない!! 進むなら、「覚悟」を決めること。 ...

この記事の背景

関連会社の部長(クソデブ)に
双子の娘(高校1年生)がいる。
県のコンクールで賞を取ったとかで、
2人とも音大を受けたがっているらしい。

彼の手取りは50万円/月くらいの予測。
2人同時に音大は無理だろう。
男気に溢れるタイプなので、
娘への愛情から借金してしまいそうだ。

未知の領域なので好奇心を刺激され、
いろんな人に話を聞いて回った。
それをまとめたのが本記事である。
オレは音楽業界にうとい上、
興味もないから内容が正しいかどうかは不明。
(というか、正しいかどうかはどうでもいい)

この間、部長(クソデブ)に言ってあげた。
「楽器で食うのは無理みたいですよ」
「音大はニート養成所らしいですね」
「音大はやめといた方が……」
(直訳:ブサイクなんだから手に職つけさせろ!)

オレって、優しいだろ?



【コメント】

error:Content is protected !!