末は博士か大臣か

hakaseka1

hakaseka2

hakaseka3

hakaseka4



博士課程はニート養成所

研究・開発職に就きたければ
大学院で修士課程を出ないと難しい。
だが、
博士課程に行ってはならない!

……にもかかわらず、
文部科学省は大学院拡充政策を
とっている。

高学歴ワーキングプア

この不景気では、
募集は使い捨ての営業職ばかり。
研究職の募集などほとんどない。
コネなしでは、まず無理。

大学院生の1割は
不詳・死亡という現実がある。

[博士]といえば聞こえはいいが、
単なる[28歳職歴なし]である。
浪人や学位取得が遅れて
30歳を超えたら、取り返しがつかない。

同世代との格差

同世代は社会で叩かれて5年10年。
もう後輩を引っ張る立場である。
そろそろ一人前の社会人になる頃。

 「主任に昇格した」
 「ボーナスをもらった」
 「取引先が~」「上司が~」
 「車買ったー」「来年結婚する」
就職した友人との飲み会では
話が合わなくなってくる。

大学院生は社会経験がゼロ。
世間知らず。
研究室での苦労(笑)など、
社会の苦労に比べたらゴミ。
経験もない、カネもない。
つまり、社会人の眼中にない。

しかし、
無駄な高学歴のせいで、
実力もないのにプライド[だけ]高い。
学生時代の友人と疎遠になっていく。

学歴ロンダリング

3流私立大⇒有名国立大が多い。
大学院の試験は簡単である。
バカでも受かる。

なぜか?
大学院生は雑用係である。
しかも授業料まで払ってくれる。
多ければ多いほどいい。
絶好のカモ。
だからどこも歓迎される。

有名大学の箔をつけたいバカ学生の[スケベ心]と、
バカでもいいからデータ取り、器具洗いが欲しい
有名大学教授との利害関係が一致する。

そして20代を無駄に過ごして
人生を棒に振ってしまう。

 バカ大学⇒有名大学大学院
 有名大学⇒有名大学大学院
人事担当は迷わず後者を採用する。
人物重視(笑)など社交辞令なのだ。

文系の大学院

文系大学院=人生を棒に振る。
文系は修士課程でもいってはダメ。
ましては博士などにいったら
やり直しがきかない。

文系で大学院に行くということは
不治の病で[入院]と解釈すること。
退院は、ほぼない。

奨学金で博士は厳禁

奨学金で博士課程までいってしまうと
1000万近い借金を背負う。
おまけに職がないとなれば、
樹海か電車にGo!しかなくなる。

その借金は保証人へ

就職率

理系の博士で就職できるのは
60%である。
残り40%は社会不適応者でしかない。
就職……と、いってもほとんどはポスドク。
35歳までしかできない。

ポスドク地獄

博士とってから就職がないと
とりあえずこの立場で研究を続ける。
フリーター研究者という感じ。
契約は最長5年。
タイムリミットは35歳。

給料もフリーターくらい。
ポスドクから正規雇用が見つかるのは、
年間5%くらい。

35歳までに就職先が見つからないと、
地獄行き……いや、樹海行きか。

コネが命

大学院進学のキモは[コネ]。
コネがない教授などゴミ。
教授に就職先のコネが
あるかどうか絶対に確認すること。
なければ進学してはならない。

女性博士の一例

 「今度ムスメがハタチになる」
大学の時、女性の助教授が言った。

博士とった後にアメリカでポスドク。
向こうで白人研究者に種つけられた。
出産して未婚の母に。
翌年日本に帰り、
ずっと独りで育てたとのこと。

その人自体はブサイクなオバちゃんだが、
娘はハーフで美人らしい。
自分は独身貴族で美人の娘がいる、
と得意げに語っていた。
ただの白人コンプレックスとしか
思えなかったけど。

勉強はできるけど、頭は悪い。
そんな人生だ。

女性で大学院

女性で大学院などにいくと
デメリットばかり。

男性は無駄な高学歴を嫌う。
婚期が遅れるし、結婚にも不利。
女性の院卒は理系でも
ほとんど就職はない。

ましてや文系では絶望的。
女性で文系の大学院=死亡と
考えて、ほぼ間違いない。

しかし、
永久就職という大逆転がある!
ルックスが良ければ、だが。

error: Content is protected !!