22歳女子大生「時間がない!」30代売れ残り女性は悲惨な末路

Count Down

選んでたら相手はいない

結婚相手を選べるのは大学卒業まで。

社会人になってから選んでいると、
「あっ!」という間に30歳になる。

中年とは、30~50歳の人間のこと。
30歳からは中年である。
オバサンとはover30の女性の略である。

ちなみに、
生涯未婚率は男性25%・女性15%。

年齢年収早見表

女性(年齢)- 男性(年収)

18歳-1000万
20歳-800万
24歳-600万
28歳-400万
30歳-300万
35歳-200万
40歳-0

にもかかわらず、
若い女よりオバサンの方が
上の条件を望むという意味不明な現象が起こる。

女性の統計で一番多いのが
20代前半:相手の年収を気にしない
30代後半:500万以上

男性からすると、
本当に意味が分からない

20代女性はクセが弱い

30代女性が人気がない理由は、
クセの強さである。

20代=クセが弱い⇒価値が高い。
30代=クセが強い⇒価値が低い。

歳をとるほどクセが強くなって
こだわりがでてくる。

例えば、
初デートがファミレスだったとしよう。

18歳の女のコなら喜んでくれるが、
32歳のオバサンなら不満だろう。
女としての価値は天と地ほども違うのに。
歳をとるほど贅沢を覚えて
クセが強くなっていく証拠である。

若い女に人気が集中するのは見た目ではない。
どこに連れてっても喜んでくれる。
クセのなさも大きい。

魅力的だと感じる年齢

何歳でも答えは同じ。
男性:20歳女性
女性:同年代男性

キレイ事はやめよう。
女性は、
賞味期限25歳、消費期限35歳である。

女子大生「時間がない」

最近の女子大生は先輩方の失敗を、
よーーーーーく観察している。

大学を卒業した時点
結婚相手が確定していない女性は
焦らなくてはならないのをわかっている。

なぜなら、
「入社後すぐに結婚!」
「出会ってすぐ妊娠!」
というワケにはいかないからだ。

逆算してみよう

30までに1人は子供を産みたい。
そう考える女性は多い。

2年くらい付き合って
仕事がひと段落ついて結婚、
新婚生活も落ち着いてきたら出産、
という流れが一般的である。

大学卒業時点で婚約者がいない女性が
恋愛→結婚→出産。

29歳 出産
28歳 妊娠
26歳 結婚
24歳 交際

その場合は大学卒業後の2年間で
新社会人として仕事を覚えつつ
結婚相手までゲットしなくてはならない。
入社したとたんに大忙しである。

イイ男は早い者勝ち
遅くても24歳には相手を確定しなくては!
モタモタしていると、
他の女にイイ男を奪われてしまう。

残り者に福はない

いい人からどんどん結婚していく。
良い条件の相手ほど早い者勝ちである。

大学で捕獲失敗したら、
もうかなり不利な立場だ。

スーパーで生鮮食品を買うときに
自分がとっている行動を思い出そう。

形がよくて新鮮なのを選んでいるはず。
牛乳だって奥からとっているはず。
古いモノなど全くメリットがないからだ。

「味は同じ・賞味期限は充分ある」
そんな屁理屈は一切通用しない。

人間を選ぶときも同じ。
年齢は、百害あって、一利ナシ」である。

これは男も同じ。
歳とってイイことなんて一つもない
年収は上がるかもしれないが、
健康や髪の毛、ボッキ力など、
カネで買えないモノを失う。

歳はとりたくないものだ……

自分磨き(笑)

時間のムダ
現実逃避は今すぐやめよう。

自分探しの旅(笑)をする、
弱い男と同じで相手にされない。

そんなことより、なりふりかまわず
チビにもデブにもハゲにも
頭を下げてアタックしまくる方が
100倍有効である。

30代女性は売る先が無い

30代の女性に「価値がない」なんてことは、
まったくない。

しかし、
価値が無いから売れないというより、
買う相手がいないから売れない

30代の女性と結婚する男の数が、
絶対的に足りない。

なぜ足りないのか

30代で収入があるフツメン。
この中に結婚を希望する者は少ない。

男は子供が欲しいから結婚する。
給料を分け与えてでも、
子供が欲しい男だけが結婚を考える。

独身なら給料を全部自分に使える。
若くない稼ぎもない主婦ニートに寄生されて
小遣い制で満員電車とか論外

若くて美人で性格も良いコと付き合えたとか、
共働きで気が合う相手と付き合ったなら
結婚するかもしれないが。

休日のショッピングモール

疲れた顔したオジサンが
ブサイクなヨメと子供連れて
ベンチでぐったり。
ああはなりたくない。

よっぽどのことがない限り、
今のままでいい。

寄生虫より苦労したブス

自分が苦労しているときに
他の男と付き合ってたような女に
給料渡す気なんかサラサラない、
という男がほとんど。

20代前半までの一番いい時期を他の男に与え、
over30(オバサン)が焦って近づいてくる。

君は40過ぎのハゲオヤジと結婚しなさい。

適齢期の女も油断できない

こちらが一人で苦労してる時に
「彼氏とうまくいってない」
彼氏がいるのに、
より安定を求めて近づいてくるゴミがいる。

「彼氏と別れて付き合ってくれ」と
言われるとでも思っているのか。
女を選べる立場の男ほど、それはプライドが許さない。

黙って乗り換えようとするクズもいる。

そんなゴミクズ共より、
ずっと1人で苦労してきた有能なブスと付き合って
偉そうにしていた方が自尊心を満たせるし、
子供がデキたときに経済的にラクである。
大人の男は、性欲よりも自尊心なのである。

人生は長い。
子供が若い頃だけイケメン美人でないのは残念だが、
一生バカや貧乏なのはもっと残念なのである。

真面目に仕事をする堅実な男に
地味な奥さんが多いのはそのためだ。

男は独身もアリ

外食もコンビニも、いつでもどこでもある。
スーパーの惣菜もある。
稼ぎさえあれば、メシなんかどうにでもなる。

現代の家事は家電のスイッチ押すだけ
独身なら都心に住めるから通勤もラクラク。
毎週キャバや風俗で若い女を
とっかえひっかえ。

人生の敗者たち

同僚は主婦ニートに寄生され、
小遣いもらって埼玉から満員電車。

事務のコはもうシングルマザー。
家事に育児に仕事に、息つくヒマもない。
くたびれた顔でノイローゼ気味。

上司はバツイチ、養育費でカツカツ
スーパーの半額惣菜を買ってきて
発泡酒か焼酎で晩酌の毎日。

こんな失敗した人生ならば独身の方がよっぽどマシ

オバサンは自分からアタックせよ

ブサメンでもマトモな男は
20~30人アタックすれば
1人くらいひっかかるのを知っている。
ダメもとで声かけまくる。
ノリが悪い女なんか、次の女見たら忘れる。

次・次・次!次・次・次!!

独身のオバサンは
同じようにならないといけない。
ひたすら下手に出て、相手の機嫌をとる
ダメなら次。
その繰り返しだ。

ダメなオバサン

専門職・公務員系の売れ残りには、
いい歳して愛想笑いもできないのが多い。
接客業やOLと違ってお客さんに
ペコペコした経験がないからだ。

自分には資格や稼ぎがあるから、
などと偉そう
そういうオバサンは会社員の男からすると、
まったく魅力がない。

下げるのは条件ではなく、頭。

5年後に結婚できる確率

・30歳 1/5 (上位1/3)
・35歳 1/10 (超絶妥協)
・40歳 1/30 (究極妥協)

30歳独身女性の3人に1人が
5年後には結婚している。
そう考えるとできそうに思える。

しかし、まったく簡単ではない

30代前半で結婚したほとんどは
容姿が上位1/3(20代含めて)とか、
婚約者の仕事で結婚を待っていたとか、
年収400以上共働き希望など
20代とガチンコ勝負できる女性なのだ。

30歳独身女性の半分は、
10年後も独身である。

30代後半の結婚式にて

30代後半あたりでも、
収入がある女性なら結婚できるケースがある。

しかし、
いずれも究極まで妥協した結果だ。
そういった結婚式に出ると
相手を見て内心「あぁ…………」
なってしまうのが正直なところ。

当の本人も全然幸せそうでない。
妥協婚の感が強すぎる。

ダーウィンの格言

「生き残るのは強い種ではなく、
変化する種である。」

後世まで子孫が続くのはどちらか?
生存競争に勝つ種ではない。
環境変化に適応する種である。

つまり、子孫を残しやすいのは
美人よりも気立てのいい女である。

シミュレートしてみよう。

20代前半

ハタチ超えたら遊んでいる時間はない。

適齢期に結婚を躊躇するような相手と
付き合っている時点で、
ホームラン級のバカである。

働き始めてからは時間が過ぎるのを
速く感じ始めるようになる。
学生の時より1日が速く終わる。
1ヶ月も短く感じてくる。

大学から付き合っている相手がいれば
手放さないほうがいい。
もう今以上の相手を手に入れることはない
あとは下がるだけ。

もう好条件の人間のほとんどは
すでに相手が確定している。
そして、マシな人間はどんどん埋まっていく。
これは生存競争なのだ。

そんなことない?
26歳になったら痛感するよ。

20代中盤

25歳あたりから
明らかに誘われなくなる。

マトモなフツメンは
既存の彼女が絶対に手放さないからだ。

この年齢の女と付き合うなら結婚を
覚悟しなくてはならない。
男だって25以上の女には気軽に声をかけない
遊び人のツレがよく言っていた。
「25の女なんて怖くて付き合えねぇ!」

かつて自分をチヤホヤしてきた男どもが
自分を素通りして新人の女に一直線
地味にイラっとする。

バカ女と賢い女

20代中盤で婚約者ナシ。

この時点で自分を選ぶ立場だと
勘違いしてるバカが30過ぎまで売れ残る。
なぜなら賢い女に奪われるからだ。

判断力のある賢い系はこの時点で気がつく。
「自分を変えなくては!」
「女の独りはシャレにならない!」

相手の年収は低くても
共稼ぎでアタシがなんとかする
手遅れになる前に自分からアタックしまくる。

合コンはハズレばかり

合コンには何回も何回も何回も行っている。
適齢期の男には何十人も会った。
何回も2人で会ったりもした。
でもどの男の人もなんか足りない……
合コンで会う人にはアタリが来ない

これは男も同じ。
合コンに来る女は寄生虫やブスばっかり
たまに来る可愛いのはクセ者ばかり。
ヤるだけなら全然ОKだけど、
給料渡して子供産ませて家建てて……
そこまでする価値のある女はまったく来ない。

合コンで当たりは来ない……
お互い様である。

20代後半

小学校の時は永遠に感じた1年が、
すごく短く感じる。
容赦なくまた誕生日が迫ってくる。
30歳の誕生日が恐怖である。

いいと思える男たちは、
既婚・既婚・既婚の嵐

たまたま出会いがなかったり
女が苦手だったりしたフツメン達。
そこに賢い系女が積極的にアタック!
待ってる間に狩り尽くされて絶滅……

たまに声をかけられるが、
不倫オヤジか対象外の男ばかりである。
ついに残り者しか回ってこなくなった
理由は、
自分だって売れ残りだから。
でもまだ素直に認められない。

30代

数字は、ウソをつかない

30代なら紛れもない中年女性である。
子供を産めば「高齢出産」である。
29歳の女性とは天と地ほど価値が違う

「若く見える(笑)」

これを言われたらオバサンの証拠

「年より若く見られます」
これをアピールするとバカ丸出しである。

本当に若い女は、
決して若く見えるなんて言われないからだ。

35歳以上

中年以降の婚活ではブサメンに
断られる経験を何度もする。
それでもメゲずにアタックを続けるしかない。

天は自らを救う者を救う。
救われるのは行動を続けた人間だけ。

行動しなければ0%である。
ここまで売れ残ったら、
あとはガムシャラになるだけ。

相手は常識人なら誰でもいい。
チビでもデブでもハゲでも、
低収入でも同居でも誰でもいい。
孤独な人生から解放されれば、上出来。

結婚とはタイミングと勢い

実はルックスも収入もほとんど関係ない

ほとんどの人間に選択の余地などない。
運よく選べる環境だとしても、
せいぜい回りの3、4人から一番マシなのを選択できる程度。

美形だろうがブサイクだろうが
低収入だろうがデブだろうが、
20代中盤で縁がある相手と結婚するだけ。

「勢い」がすべて

分別がつく年齢になったら、もう踏み切れない。
少しの欠点でも気になってしまう。
若さの勢いを逃したら、もう相手はいない

高望みして相手が決まらないのは、
外見や条件でしか人を判断できないゴミクズ
そんな相手とは誰も結婚したくない。
男でも女でも、売れ残って当然だ。

周りの夫婦を見てみよう。
イケメンとブス、美人とブサメンの夫婦など、
珍しくもなんともないはず。
適齢期に縁があった相手と勢いで結婚している証拠だ。

売れ残り「普通の人でいいんです」
普通の男性とは? 売れ残り「普通の男性でいい」 直訳:すべて及第点で欠点のない男 ルックス・スタイル・収入…… 3つとも平均以上なのは3人に1人もいない。 さらに性格が合う、年齢が近い ギャン...
男女編
管理人をフォローする
シンプルよんこま


コメント

error:Content is protected !!